ビデオスイッチャー

HVS-490

ライブ制作に最適な4K対応スイッチャー

HVS-2000、HVS-390HSの開発思想を継承したビデオスイッチャーHVS-490は、オプション追加で4K入出力に対応します。 MELite™を活用することで2M/EのHVS-490で6M/E相当*1の性能を発揮します。さらに、FLEXaKEY™、2.5D DVEを組み合わせれば、最大12キーヤーでの合成を含む多彩な演出を実現可能で、ライブ制作に最適です。

*1 HVS-49IO拡張カード搭載時、4Kモードでは1M/E+1MELiteになります。

HVS-490の紹介

MELite™

AUXトランジション機能をさらに進化させたのがMELiteです。AUXバスでAUXトランジションを実行させる前のプレビューが確認可能となり、AUX出力をPGM/PREVと同等にあつかうことができます。標準で2MELiteを装備しており、HVS-49IOオプションにより、4MELiteへ増設可能です。MELiteにFLEXaKEYをアサインすることで標準の2M/Eに加え、M/E相当の列をさらに2つ(最大4つ)利用することが可能となり、2M/Eスイッチャーでありながら4 ~ 6M/E相当の演出を実現できます。演出の幅を広げるとともに安全な映像切り替えを約束します。

  • AUXを使用して、プレビューを確認しながらトランジション(CUT、MIX、WIPE)の適用やキーイングが可能。
  • MELiteはM/E列の前段に配置可能なため、より高度な演出用の列として使用が可能。
  • 再撮向け映像として使用すれば、単なる映像切り替えに留まらない演出が可能。

MELite

FLEXaKEY™

柔軟なアサイン変更が特徴的なFLEXaKEYという名称のキーヤー(DSKに相当)を、M/Eバスに標準のキーヤーから独立させて4系統搭載しています。AUXバスに異なる4系統のキーイングを簡単に行うなど、標準的なビデオスイッチャーの枠を超えた演出を実現できます。

  • 4系統のFLEXaKEYは、M/E/AUXバスにフリーアサイン可能。各M/Eバスでは最大8キーヤー(4キーヤー + 4 FLEXaKEY)の合成が可能。
  • AUXバスでP-in-P表示をしたり、FLEXaKEYをMELiteにアサインすると、アップストリームキーとして使用することも可能。
  • FLEXaKEYを応用することにより、たった1台のHVS-490で、複数のモニターを並べたビデオウォール(マルチモニター)を実現可能。

FLEXaKEY

DVE

トランジションはCUT、MIX、WIPEから選択可能です。100パターンものWIPEに加え、回転やポジション移動といった2.5D DVE WIPE*2を標準で16系統(4K 2SIモード時:標準4系統)実装しています。さらに、モザイクやデフォーカスといったエフェクト効果も搭載しています。
*2 4K SQDモード時は未対応です。

DVEs

充実の入出力

ビデオ入力は標準で16系統、最大40系統(4Kモード時*3は入力8〜10系統)、ビデオ出力は標準で9系統(HDMI x 1含む)最大で22系統(HDMI x 2含む)(4Kモード時*3は出力6〜7系統(HDMI x 2含む))に対応しています。拡張カードについて、詳しくは「オプション」をご覧ください。
*3 HVS-49IO拡張カード、HVS-49EXP4Kソフトウェアが必要です。

マルチビューワーを標準搭載

HVS-490は標準で3系統のマルチビューワー(SDフォーマット時:2系統)を搭載し、それぞれ最大16分割まで(4K SQDモード時:最大4分割)表示可能です。系統ごとに10種類以上の分割パターンから1つを選択し、異なるマルチ映像を表示できます。メインのオペレーターに加え、別のオペレーター向けにも最適なモニタリング環境を提供します。また、HDMI 2.0 LEVEL B出力では4Kサイズの映像を出力できます。HDMI 2.0 LEVEL B出力時は4つの映像を1画面で確認可能です。

MV

AESデジタルオーディオ入出力に対応(オプション*4)

入出力各4系統(8チャネル)の平衡/不平衡のオーディオ入出力が可能です。入力映像、クリップ映像からのDEMUX、出力映像へのMUXが可能です。サンプリングレートコンバーター搭載により、入力オーディオをシステムに同期させることができます。
*4 HVS-49AES拡張カード

2SI/SQDの4Kモードに対応(オプション*5)

4Kカメラから4チャネルの3G/HD-SDIで出力される2SI(2-Sample Interleave)およびSQD(Square Division)の4K UHD映像を処理することが可能です。
*5 HVS-49IO拡張カード、HSV-49EXP4Kソフトウェアが必要です。

4Kシステム構成例

1台のHVS-490で4Kシステムの構築が可能です。将来的な4K UHD環境へのアップグレードを視野にデザインされたHVS-490は、拡張カード(オプション)の増設により、最大4K UHD入力10系統/出力6系統、または入力8系統/出力7系統に対応します。さらに、AUXバスのユニークな活用により、1 ~ 1.5M/E相当の機能を持った4Kスイッチャーとして活用できます。

4K System
 

4Kモード仕様

4K System

ライブイベント

ライブやイベントなど、仮設でシステムをセットアップしなければならない現場において、高機能なHVS-490は大きく活躍します。演出の仕込みにはイベントメモリーやマクロ機能が役立つでしょう。マルチモニターの演出にはMELiteを利用することで、複数台のビデオスイッチャーを用意することなく、機材を大きく削減することができます。最も重要なことは簡単操作であること。操作ミスをなくし現場の演出に集中することができます。

ライブイベント

中型中継車

HVS-490は中型中継車との相性が抜群です。性能に妥協がないため、放送用途にも十分に活用できます。また、フレームシンクロナイザーやマルチビューワーをはじめ、システム構築に便利な機能を凝縮しているため、機器の削減にもなります。さらに、複数のコントロールパネルを使ったマルチオペレーションにより、複数のスタッフで役割分担が可能なオペレーション環境を提供します。

中継車

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP