マルチビューワ・4Kモニタリング用ダウンコンバータ

MV-42HSA

4K制作環境において、既存のHDモニタを有効活用。モニタリングに最適な1台。

4分割マルチビューワとしてHD-SDI、SD-SDI、アナログコンポジット入力に加え、3G-SDI (Level-A/B)入力に対応。さらに、4K (QFHD) の制作環境において、通常のHDモニタまたはPCモニタに表示するためのモニタリング用ダウンコンバータとしての利用に最適。

4K (QFHD) モニタリング用ダウンコンバータとしての利用

  • QFHD (3G-SDI x 4入力)をHD-SDIおよびDVI-D (1920 x 1080iまたは1280 x 720p)として出力可能なため、4Kモニタのない環境下でも映像確認が可能
  • 4K (QFHD) モードにすることで、QFHD入力を簡単に1画面としてシームレス表示
  • フル画面を選択することで4入力のうち1系統だけを表示、これによりドット・バイ・ドットでの映像確認が可能

MV-42HSA主な特長

  • 3G-SDI (Level-A/B)、HD-SDI、SD-SDIの混在入力、非同期入力に対応
  • アナログコンポジットの混在入力にも対応 (MV-42AIオプション)
  • HD-SDIおよびDVI-D (1920 x 1080i または 1280 x 720p) の高精細出力
  • 入力信号ロスを知らせるビデオロス検知機能
  • フル画面、左右2分割画面または4分割画面から出力選択
  • 3G/HD/SD-SDI入力のエンベデッドオーディオレベルメータ表示機能 (最大8チャネル)
  • 3G/HD/SD-SDI入力のアンシラリタイムコード (ATC) 表示機能
  • 各入力映像に最大16文字 (英数字、記号、カナ、漢字) までのタイトル表示機能
  • ゲンロック入力、各入力毎のタリー表示、LAN通信制御、日時表示が可能なインターフェースカードを用意

MV-42IFAオプション

  • RS-232C/LANインターフェースによるリモート制御およびタイトル設定
  • RS-232C/LAN/GPIからのタリー入力による各チャネルのフレーム表示
  • GPIによるリモート制御およびタリー入力
  • 外部同期信号とHD-SDI/DVI-D出力のゲンロック機能
  • 日時表示機能

特注対応について

  • 電源コネクタをキヤノン4ピンコネクタへ変更可能です。
  • キヤノン4ピンコネクタ用のACアダプタもご用意可能です。

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP