新製品

カメラキャリブレーションソフトウェア

ifCalib2

屋内外のバーチャルスタジオ・RCGシステムにおいて必須の
カメラキャリブレーションを簡単かつ正確に実行

CGと実写の位置やサイズを合わせ、CGとカメラ映像のずれをなくすカメラキャリブレーションソフトウェアifCalib2。 ユーザーの皆様の声を取り入れながら開発され、バーチャル運用に最適化されたifCalibSTDの使い勝手はそのままに、ifCalib2は様々なCGレンダラーに対応できるよう単独のアプリケーションとして開発されました。幅広いバーチャルプロダクションの運用場面で活用いただけます。

主な特長

  • キャリブレーション済みのトラッキングデータを出力可能
  • 4系統までのキャリブレーションおよびトラッキングデータを出力可能
  • トラッキングデータの入出力マトリクスを搭載、系統の組み換えが自由
  • さまざまなCGレンダラーに対応可能
  • レンズ歪補正に対応
  • ポストプロダクション用にセンサーデータをタイムコード付きで保存可能
  • カメラトラッキングシステムからのトラッキングデータに対し、FOV値、位置オフセットの調整機能搭載
  • 複数トラッキングデータの合成機能
  • キャリブレーション用CG描画機能(オプション)

ライセンス構成

  • CGレンダラーによらず利用可能
  • ProcessとControlの2つのラインセンスソフトウェアで構成
    - ifCalib2 Proc:データ通信
    - ifCalib2 Cont:ifCalib2 Procの設定実施(設定時のみ使用)
  • ifCalib2 Procは一つのライセンスで4系統までのキャリブレーションが可能
  • ifCalib2 Proc/ifCalib2 Contは多対多構成が可能
    ※USBドングルライセンスはifCalib2 Proc、ifCalib2 Contにそれぞれ必要となりますが、まとめることも可能です。詳細はお問い合わせください。

使用するトラッキングデータ

  • 対応トラッキングデータ:Radamec(Free-d) / Mo-sys F4 / 独自プロトコル
  • トラッキングデータの入出力:RS-422 / ネットワーク経由(UDP)

システム構成例

優れたユーザインターフェース

レンズキャリブレーション

 
  • レンズの持つ固有の視野角、ノーダルポイント、被写界深度等に合わせたキャリブレーションが可能
  • 被写界深度に基づいたデフォーカス制御にも対応
  • 独自のアルゴリズムと直感的な操作画面により、レンズのZoom、FocusにCGを連動させるための詳細な調整も短時間で合わせこむことが可能

 

位置オフセット設定

 
  • センサーからの位置、角度データにオフセットをかけて実画像とマッチさせる
  • 3つの座標系でオフセット管理が可能

各種調整

 
  • 画面のアスペクト比、ディレイ、ユニットの単位(cm、m、ヤード、尺等)を設定

ifCalibSTDとのデータ連携について

ifCalibSTDにて作成したレンズデータは、変換ソフトを使用してifCalib2にて読込むことが可能です。詳細はお問い合わせください。
ifCalibSTDからの機能アップデートは下記の通りです。:
- Brainstormのプラグイン形態から単独のアプリケーションに変更。さまざまなCGレンダラーに対応可能
- レンズ歪補正に新たに対応 - ポストプロダクション用にタイムコード付きでデータ保存する機能を追加