カメラキャリブレーションソフトウェア

IfCalibSTD

キャリブレーションを簡単かつ正確に

屋内外のバーチャルスタジオ・RCGシステムにおいて、CGとカメラ映像のずれをなくす作業はカメラキャリブレーションと呼ばれ、非常に重要かつ高度なものです。Brainstorm eStudioのプラグインソフトウェアであるIfCalibSTDを使用すると、正確なキャリブレーションが、簡単かつ迅速に行えます。
IfCalibSTDは国内ユーザの声を取り入れながら日本で開発されたアプリケーションであり、バーチャル運用に最適化されています。簡易性と高機能性を兼ね備えた本ソフトウェアを用いることで、運用者の負担を大きく軽減することが可能です。

主な特長

優れたユーザインターフェース

  • GUIから複数のBrainstorm eStudio送出機を制御可能
  • 複数箇所でソフトウェアを起動することで、作業の並列化、状態監視等が可能

レンズキャリブレーション

  • レンズの持つ固有の視野角、ノーダルポイント、被写界深度等に合わせたキャリブレーションが可能
  • 被写界深度に基づいたデフォーカス制御にも対応

カメラ位置キャリブレーション

  • 2種類の座標系を用いた柔軟なオフセット設定が可能
  • 位置オフセットの自動計算アルゴリズムを搭載

その他

  • メートル、センチメートル、ヤード、尺等の単位に対応
  • ウィザード形式に従って調整を行うだけで正確なキャリブレーションが可能
  • 幅広いセンサ形式に対応
  • 屋内外のバーチャルスタジオ、RCGシステムに対応

ライセンス

IfCalibSTDはライセンス形式を採用しています。用途に応じて選べる2種類のラインセンスをご紹介します

  • IfCalibSTD Proc
    IfCalibSTDのメインソフトウェア。Brainstorm eStudioのプラグイン。
  • IfCalibSTD Cont
    IfCalibSTDを制御するGUIライセンス。

レンズキャリブレーション

レンズのZoom、FocusにCGを連動させるための詳細な調整を行います。独自のアルゴリズム、操作画面で短時間に合わせこむことが可能です。

デフォーカス調整

レンズのZoom、Focusにあわせて、CGの被写界深度を調整し、デフォーカスをかけることが可能です。

位置オフセット設定

センサーからの位置、角度データにオフセットをかけて、実画像とマッチさせます。3つの座標系でオフセット管理が可能です。

位置、角度オフセットの自動計算

カメラ位置を少数のマーカー点から自動的に算出します。スタジオ内だけでなく、ゴルフ場等のフィールドでも使用可能です。

各種調整

画面のアスペクト比、ディレイ、ユニットの単位(cm、m、ヤード、尺等)の設定をする画面です。

カタログ・資料

関連製品

PAGE TOP