受注生産(製造には限りがあります。お問合せください。)

マルチチャネルビデオサーバ

MBP-500VS シリーズ

複数チャネルの動画送出機を1台に集約
マルチチャネルビデオサーバ

複数系統の動画送出・インジェストを独立制御可能なビデオサーバ。豊富なシリーズラインアップにより、システムに合わせて内蔵ビデオカードやハードウェアコーデック、SSD構成を選択可能。12G対応モデルMBP-500VS-12Gも登場し、HD環境のみならず、XAVC™を含む
マルチフォーマット4K環境にも対応し、様々な現場で活躍します。

MBP-500VSシリーズ製品紹介ビデオ

シリーズラインアップ

主な特長

  • 1系統あたり入力端子 x 1、出力端子 x 2のSDI入出力を装備。
    ハードウェアの組み合わせにより、4Kを1系統と、HDを4、6、8系統装備した4モデルから選択可能。
    プレイアウト・インジェストの切り替えは系統毎にアサイン可能*1
  • ストレージには高速SSDを採用。RAID構成により高信頼性と高速アクセスを両立。容量は0.8TB、2.4TB、4.8TBの3モデルから選択可能
  • 種類のハードウェアコーデック (MPEG-2/XAVC™) に対応。安定したプレイアウト・インジェストが可能*2
  • エンコード中の追いかけ再生が可能
  • ネットワークポートはGigabit Ethernetを4ポート装備。高速・冗長化したファイル転送が可能
  • 各種システムアプリケーションにより、プレイアウト・インジェスト機能をサポート。
    多様な放送システムにおけるファイルベースとベースバンドの橋渡しに対応
  • 様々なAPC (番組自動送出システム) による制御が可能
  • 本線のプレイアウトに合わせて、モニタ出力にTC表示が可能、クレジット表示も可能
  • リダンダント電源を標準搭載。安定した運用が可能
  • 1. 4Kモデルのリリース時期については販売代理店へお問い合わせ下さい
  • 2. XAVC™ハードウェアコーデックの対応時期についてはお問い合わせ下さい。
  •  XAVCはソニー株式会社の商標です。

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP