新製品

遅延時間調整装置

EDA-1000/2000

3G/HD/SD-SDIに対応した映像/音声遅延装置。入力4系統を搭載し、4Kにも対応。映像、音声およびVANCデータ遅延時間を個々に設定可能。設定時間は、HD-SDI 1入力で使用した場合、標準40秒、最大80秒 (オプション)。

2モデルラインアップ

EDA-1000

1系統入力時、最大4分配出力に対応しています。シングル電源でコンパクトな1Uハーフサイズモデルです。

EDA-2000

1系統入力時、最大8分配出力に対応しています。リダンダント電源を搭載した1Uモデルです。

マルチフォーマットに対応

3G/HD/SD-SDIに対応し、映像と音声を同時または個別に遅延設定が可能です。4K(quad link 3G-SDI)入力にも対応しています。

最大80秒(オプション)の遅延が可能

HD-SDIを1入力で使用した場合、標準で最大40秒、オプションにより最大80秒の遅延時間設定が可能です。4系統入力で使用した場合は1系統毎に遅延時間設定が可能です。VANCデータ遅延時間は、系統毎に特定VANCに対し、ライン単位で最小遅延設定することができます。

特長

  • 外部リファレンスへの同期が可能(FS機能なし)
  • SNMPによるトラップ出力や状態取得及び設定が可能
  • 専用リモートボックスEDA-20RU、Telnetによる外部制御が可能

カタログ・資料

PAGE TOP