マルチビューワとは?

複数の映像ソースを組み合わせて1枚のディスプレイ上に表示できる機材や機能が「マルチビューワ」。映像ソースが限られていれば、ソースの個数に合わせてモニタを用意することができました。しかし、映像ソースが増え、SD/HDから4Kまでさまざまな信号規格が混在してくるようになると、映像ソースの数や映像規格に合わせてモニタを用意していくことは困難になりました。数や規格に影響されず、大型ディスプレイを活用してさまざまな映像ソースを同時に組み合わせて表示できるマルチビューワ環境が整えられていきました。 現在では、複数ソースのモニタリングが必要な放送局やケーブル局のスタジオサブをはじめ、セキュリティやメディカルなど複数の映像を監視する市場においても活用されています。マルチビューワの表示も、その役割や重要度に応じて大きさを変えたり、時計やタイムコード、タリーなどモニタリングに必要な情報も組み合わせて表示したりできるようになっています。

PAGE TOP