新製品

MXFエンコーダー

MXR-350

HD-SDI信号を取り込み圧縮し、
ファイル保存するエンコーダのターンキー製品。
複数の圧縮方式に対応し、高画質アーカイブや放送同録など様々な用途で使用可能。

特徴

  • ProRes収録時、MOVファイルの他、MXFファイルに保存可能
  • 内蔵ハードディスク(2TB)、外付けUSB SSD、外付けNASに対応
  • HDファイルの他、プロキシファイルを同時に作成
  • グローイングMXFファイル対応の編集ソフトで追いかけ編集可能
  • SDIアンシラリタイムコードを監視し、IN点-OUT点/IN点-尺長による自動収録
  • 収録を止めずに任意のタイミングまたは、指定時間でファイルを分割することが可能
  • 分割済ファイルはすぐに編集が可能になります
  • MOV、MXF、TS、MP4全てに対応
  • RS-422端子を搭載。VTRテープの指定範囲を正確にファイル化可能
  • 曜日時間や日時指定での予約収録が可能
  • LTS-70、LTS-80と連携し、収録ファイルをLTOテープへ追いかけ保存
  • 収録しながらクラウドストレージ(AWS S3)に自動アップロード可能

用途

 
  • オンエア同録
  • 編集用素材の高画質取込み
  • 回線収録
  • VTRテープ素材の高画質ファイル化/アーカイブ

機能

基本機能

  • HD-SDI映像信号を収録し、圧縮してファイル化
  • 複数のコーデックを搭載し、多用途に利用可能
  • ProRes 422、MPEG-2 (XDCAM HD422)、AVC-Intra(MXF OP1a)、H.264/AVC
  • 高画質なProRes 422、AVC-Intra 200Mコーデックを搭載
  • HDCAM-SRテープ(ドラマ作品、アニメーション作品)のアーカイブに最適
  • XDCAM HD422相当のMPEG-2 50Mコーデックを搭載
  • 普及しているXDCAM HD422 50Mbpsでの収録・アーカイブに対応
  • プロキシファイルを同時生成
  • ハードウェアとソフトウェアをPCに搭載したターンキー製品

アーカイブ機能

  • SONY 9pin互換RS-422端子を搭載
  • 業務用VTRを制御し、テープの指定範囲を正確にファイル化可能
  • LTS-70/-80と連動し、収録ファイルをLTOテープへ追いかけ保存
  • 収録したLTOテープは、LTS-MAMのパッケージとして表示
  • 収録時に入力したメタデータもLTS-MAMに反映

同録・ライブ収録機能

  • 曜日、時間や、日時指定で予約収録が可能
  • 朋栄製ルーティングスイッチャーMFRシリーズを制御し、予約収録時に映像信号の切替えが可能
  • グローイングMXFファイル対応のノンリニア編集ソフトで追いかけ再生が可能
  • ファイルを分割しないマルチセグメント方式MXF出力に対応
  • 追いかけ編集未対応のソフトでも、追いかけ編集を実質可能にするMXFファイル分割出力にも対応

システムイメージ