受注生産(製造には限りがあります。お問合せください。)

MXFレコーダ

MXR-300so

MXR-300soは映像信号をXDCAM HD相当の
MXFファイルに変換するターンキーシステムです。

ソニー株式会社製MPEG-2コーデックエンジンを搭載し、最大50MbpsのMXFファイル収録・再生に対応します。本製品は、ネットワーク環境下での利用はもちろん、単体でも高品位なHD解像度のMXFファイル作成にお使いいただけます。

主な特長

  • 映像圧縮はMPEG-2 1080i Long GOP(ソニーXDCAM HD相当)。音声はAES3(非圧縮)相当
  • MPEG-2 1920x1080i 4:2:2 50Mbpsと報道や情報系番組編集素材として使える映像圧縮のクオリティ
  • ソニー製MPEG-2コーデックエンジン搭載
  • プロキシファイル同時生成機能
  • DMS-1準拠のMXFメタデータに対応。エンコード時のメタデータ埋め込みが可能
  • 業務用VTRのコントロールが可能
  • 長時間収録に対応

主な用途

  • オンエア同録
  • ノンリニア編集ソフトウェア用映像収録
  • 回線収録
  • VTRテープ素材のファイル化/アーカイブ

主な機能

エンコード機能

  • SDI映像信号を収録し、MXFファイル化します(HD/SDに対応)。
  • MXFファイル出力機能はグローイングファイル対応。ノンリニア編集ソフトウェアでの追いかけ再生、編集に対応します。
  • WMVプロキシの同時生成が可能です。
  • MP4プロキシの同時生成が可能です(オプション)。

デコード機能

  • MXFファイルを再生し、SDI信号で出力します。

業務用VTR制御機能

  • IN/OUT点設定によりRS-422信号で業務用VTRを制御し、エンコード可能です。

アンシラリタイムコードによる待ち受けエンコード機能

  • アンシラリ領域に記録されたVITC/LTCタイムコードを待ち受けてエンコードします。

ファイルサーバ等への追いかけコピー機能

  • ローカルディスクへのエンコード中にネットワークストレージへ追いかけコピー可能です。
  • UNCパスが指定可能です。
  • FTPアップロード機能が利用可能です(オプション)。

予約収録機能

  • 予め設定した録画開始日時、録画終了日時に従い、自動的にエンコードが可能です。
  • 収録時に朋栄MFRシリーズなどのルーティングスイッチャの自動制御が可能です(オプション)。

外部制御機能(オプション)

  • 他のシステムから本製品を制御する際に利用が可能です。

比較検知機能(オプション)

  • 入力映像信号・音声信号を、ファイル化後の映像音声データと比較して誤差を表示します。
  • 予め設定した誤差よりファイル化後のデータが劣化していた場合、エラーとしてレポートします。

システム構成

VTR収録、ネットワークストレージ出力の場合

VTR収録、LTOテープへアーカイブする場合

VTR収録、XDCAMディスクに出力する場合

回線収録の場合

  • 本製品は、XDCAMドライブ(SONY製PDW-U1、同PDW-U2)からの直接再生および、XDCAMドライブへの直接記録には対応しておりません。
  • XAVC形式の再生・記録には対応しておりません。