マルチビューワ

MV-3200

2Uのフレームに必要な入出力基板を選択・実装することで、システムにあったマルチモニタディスプレイ環境を実現するマルチビューワ。

フレームには最大で入力基板を4枚、出力基板を2枚実装することができ、最大32入力4出力の分割表示が可能。3G-SDI (LEVEL-A)、HD-SDI、SD-SDI、アナログコンポジットおよびPC (DVI) 信号の混在入力に対応。

入出力構成イメージ

フレーム

MV-3200MF 入力基板を4枚、出力基板を2枚まで実装できる2Uサイズのフレーム

入力基板

MV-32HSDI 3G-SDI (LEVEL-A), HD-SDI またはSD-SDI:8入力
MV-32AI アナログコンポジット:8入力
MV-32AIL アナログコンポジット:4入力
  • 各入力のループスルーが可能
MV-32PCI DVI-I:3入力
  • デジタルまたはアナログを選択可能
MV-32AAI アナログオーディオ:16チャネル入力
D-sub 25ピン (メス) x 2
ステレオ8系統、平衡/不平衡
MV-32DAI AESオーディオ:16チャネル入力
BNC x 8、ステレオ8系統、不平衡

出力基板

MV-32PCDO DVI-I出力2系統
2系統合わせて最大で32個のビデオ、4個のクロックを表示可能

オプション

MV-32PS リダンダント電源
MV-32FP フロントコントロールパネル
MV-32RT 90度回転出力
MV-32HDO 3G-SDI (LEVEL-A)、HD-SDI出力
  • SD-SDIは出力されません
MV-32SNMP SNMP対応
90度回転出力MV-32RT利用イメージ フロントパネルMV-32FP実装時

各種信号の混在入力に対応

入力基板を組み合わせることで、3G-SDI (LEVEL-A)、HD-SDI、SD-SDI、アナログコンポジット、PC (DVI) 信号の混在入力に対応 (非同期入力可)。入力信号の種類/数に応じて複数基板をラインナップ (左表参照)。システム規模や入力信号種に合わせた最適な1台を選択できます。

出力毎のビデオウィンドウ表示

出力基板毎に最大32個のビデオウィンドウを表示可能。各ビデオウィンドウには、任意の入力映像を選択することができ、同じ入力映像を複数のウィンドウに表示することも可能です。

時刻表示/カウントアップ・ダウンタイマ機能/残り時間タイマ機能

出力基板毎に最大4個の時計表示が可能。また、時計表示として使用しない場合は、カウントアップ/ダウンタイマ/残り時間タイマとして使用することも可能です。

レイアウトエディタ

Windows PC上で動作するレイアウトエディタを標準添付。分割パターンやタイトル表示など各種設定をPC上から自在に変更可能です。レイアウト画面は、最大32パターンまで本体メモリに保存可能。専用のリモートコントロールソフトを使用することで、本体に保存したレイアウトパターンを簡単にリコールすることが可能です。

オーディオレベル表示

HD/SD-SDIに重畳されたエンベデッドオーディオ信号のレベル表示機能を装備。また、入力基板用スロットにアナログオーディオ、またはAES/EBUオーディオ基板を実装することで、それらのレベル表示も可能になります。

タリー表示/タイトル表示

  • タリー表示:ボーダタリー、またはマーカタリーから選択可能
  • マーカタリーは1ウィンドウあたり2個づつ配置可能
  • タイトル表示:各ウインドウにタイトルを2つまで表示可能。英数字、記号だけでなく、漢字表示にも対応(最大16文字)し、映像内、映像外に表示可能です

出力基板の独立動作

2Uのフレームに最大2枚実装可能な出力基板は、それぞれ独立して動作。1枚が故障した場合でも、残りの1枚で32入力を表示することが可能です。

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP