CMメタデータ作成ツール

CM Master Maker

CM Master Makerは、
「テレビCM素材搬入基準【2020年11月改訂版】」
「テレビCM 4K素材搬入基準【2018年12月適用】」
に則ったCMメタデータの作成・編集・閲覧が
可能なアプリケーションです。

Ver.4.0.0.0をリリースしました

 
  • クレジット画像に、会社名とロゴ画像の追加が可能になりました。
  • 印刷ラベルに、会社名とロゴ画像の追加が可能になりました。
  • サムネイル画像付きCM記録票の生成に対応しました。
  • 簡易フォーマットチェック機能に、ラウドネス検査、無音検査を追加する機能強化を行いました。
  • オンライン送稿用ハッシュ値を検査する機能を追加しました。
  • MXFファイルのクレジットと、CMメタデータから作成したメタデータの比較機能を追加しました。
  • CMメタデータを、任意の保存先に出力出来るようになりました。
  • 操作性を改善しました。

【お知らせ】HDTVカセットテープ全般でのCM素材搬入は、2021年3月末をもって搬入基準外となります。
※2021年3月末以前に制作されたCM素材は、2022年3月末までの1年間(調整期間)は例外的にHDTVカセットテープでの搬入が可能。

主な特長

HDと4Kのメディア/フォーマットに対応

  • 「テレビCM素材搬入基準【2020年11月改訂版】」 に対応
  • 「テレビCM 4K素材搬入基準2018年12月適用版」 に対応
  • 運用規定にある5メディア(XDCAM、P2、HDD、SSD、SxS)に対応
  • XDCAM複製時のベリファイに対応
  • MXFファイルを解析し、メタデータと照合する簡易フォーマットチェック
  • オンライン送稿用ハッシュの生成・検査

主な機能

「CM素材交換メタデータ」の入力、編集、保存、格納(xml 付与)

  • 特に重要な10桁コードとCM素材名などの必須項目を表示します。
  • 入力したメタデータの保存が可能です(一時保存)。
  • XMLスキーマに従ってCMメタデータの正当性チェックが可能です。
  • 任意の場所にCMメタデータ保存が可能です。

CSVファイル入力&出力

  • JPPA が提供する「CM メタデータ入力支援ツール」が出力するCSVファイルに対応しています。

メタ未格納マスターへのメタデータ(XML)格納 (メタ格納済み搬入素材ファイル原版の作成)

  • それぞれのメディアに応じた保存場所へのXMLファイルの格納に対応しています。

クレジット画像生成機能

  • メタデータを反映したクレジット画像ファイル(BMP)の生成が可能です。
    • HD時、1920x1080解像度で出力
    • 4K時、3840x2160解像度で出力
    • 会社名、ロゴ画像の設定が可能

外部プレイヤー呼び出し機能

  • 再生ボタンを使用した際にMXFファイルを再生する、外部プレイヤーが設定可能です。
  • MXFファイル内の字幕データをPC画面上の動画にオーバーレイ表示可能なMXF字幕プレイヤーIMP-210を指定可能です。字幕付きCMの再生確認に最適です。
  • その他、SONY製Catalyst BrowseなどのMXFファイル再生に対応した様々なプレイヤーソフトを指定可能です。

複数素材管理

  • 複数素材管理を使用すると一枚のXDCAMメディアに複数タイプのCM(15秒、30秒、Aパターン、Bパターンなど)が保存されていてもCMメタデータを付与することが可能です。

  • 複数素材が入ったXDCAMメディアからCM搬入基準に沿ったXDCAMメディア(一枚のXDCAMメディアに一素材)を作成することが可能です。

ハッシュ生成

  • オンライン送稿用にCM素材、CMメタデータのハッシュ値(SHA-1)を生成し、ファイルに保存可能です。
  • MXFおよびXMLとそのハッシュファイルの比較検査が可能です。


          
    ハッシュ値が一致        ハッシュ値が不一致

印刷機能

  • メタデータを反映した、「JAC、JPPA新・統一帳票推奨ルール」、「CM素材のメタデータ登録における 20文字オーバーの広告主名業界統一「 入力ルール 」について」に基づいたクレジットとケース用のラベル印刷に対応しています。
  • XDCAM プロフェッショナルディスク(CMモデル)、通常ケース、SSD、HDD、SxSのラベル印刷に対応しています。
  • CMメタデータ 一覧印刷機能を追加しました。
  • メディアのみ、メディアケースのみでの個別ラベル印刷が可能です。
  • PDF出力によるプレビューが可能です。

<印刷機能の画面イメージ>


<印刷イメージサンプル>

複製機能

  • メタ格納済み搬入素材ファイル原版のメディアコピーが可能です。 ※XDCAMのみ。
  • コピー後のベリファイが可能です。
  • 最大4ドライブ接続しての並列コピーが可能です。

<複製機能のイメージ>
最大4台のPDW-U4/U2/U1ドライブを接続し、連続コピーが可能です。
ペリファイ機能により、コピーしたMXFファイルの映像・音声の同一性を検査できます。

<複製機能のイメージ>
最大4台のPDW-U4/U2/U1ドライブを接続し、連続コピーが可能です。
ペリファイ機能により、コピーしたMXFファイルの映像・音声の同一性を検査できます。

<複製機能の画面イメージ>

作業ログ保存

  • 操作履歴やメタデータ更新履歴(メタ項目名とその内容)を保存可能です。

字幕付きCM対応

  • 字幕付きCM素材搬入暫定基準に対応しています。

FTPクライアント機能

  • XDCAMレコーダー、XDCAM StationにFTP接続し、CMメタデータの保存が可能です。

簡易チェック機能

  • CMメタデータとMXFファイルの突き合わせチェックが可能です。
  • ラウドネス他検査が可能です。

<簡易チェック機能の画面イメージ>



<運用イメージ>