MULTI-CHANNEL SIGNAL PROCESSOR

マルチチャネルシグナルプロセッサ

FA-505

わずか1Uで5入力5出力の多チャネルルーティングが可能な
フレームシンクロナイザ。

オールラウンドフレームシンクロナイザ

FA-505は、映像制作に必要とされる多彩な機能を搭載する一方、多チャネルルーティング(ビデオ入力 x 5・出力 x 5)をも可能にするフレームシンクロナイザです。
フレームシンクロナイザとしての機能はもちろん、カラーコレクタ、5 × 5クリーンスイッチ、3G-Level A/B 変換機能等を標準搭載。更にアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータをオプション搭載することで、各種ビデオ信号の変換が可能です。オーディオ信号処理ではディレイ調整やリマップ機能、サンプルレートコンバータを搭載し多才ぶりを発揮。回線、中継、報道、制作、編集、送出など、映像制作現場で求められる機能を1台で可能にします。

次世代制作環境を見据えたバージョンアップ

Logカーブ情報を登録できるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応、SDR(標準ダイナミックレンジ)との相互変換が可能

WCG(広色域)に対応し、ITU-R BT.2020とITU-R BT.709の相互変換が可能

FA-505のバージョンアップによる機能強化の詳細はこちらにまとめてあります。
バージョンアップのご希望など、詳しくは弊社営業または販売代理店までお問い合わせください。

ブロック図

選ばれる理由

11台で5台分のプロセッサとして機能

FA-505は、10入力10出力、10チャネルのプロセス回路を有するFA-1010の姉妹モデルです。5入力5出力、5チャネルのプロセス回路を有し、FA-1010にはないアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ機能(オプション)を搭載可能な点が特長です。FA-1010同様に、単純に5個のプロセッサが1台の筐体に入っただけでなく、5系統の相互内部回路を搭載しています。システム構築を行うために必要な各種プロセッサやクリーンスイッチ機能を余すことなく実装し、ケーブルをつなぐことなく各チャネルの相互信号処理が可能です。また、アンシラリデータとオーディオは、映像とは別々に処理されるため、信号処理によって字幕、タイムコードなどのアンシラリデータが消される心配もありません。

2強力なオーディオプロセス機能

エンベデッドオーディオは、3G/HD(同期/非同期)、SD-SDI*1(同期) 1系統あたり16チャネル、5系統すべて合わせると最大80チャネルものオーディオ入力に対応。SDIエンベッド/デエンベッドをはじめ、オプションを搭載することによりA/D、D/A変換を含めた各種信号処理が可能です。アナログオーディオ入力オプションにはマイク用のヘッドアンプ、ファンタム電源を内蔵しているため、インピーダンス変換等を行う必要なく、また、コンデンサマイクを直接入力することも可能です。またサンプルレートコンバータをはじめ、レベル調整ディレイ調整ダウンミックス*2、リマップ極性変換など各種プロセス機能も搭載しています。

  • SD-SDI出力時のオーディオは12チャネル出力
  • ダウンミックスは、SDIエンベッドされた音声信号のみに対応

3機材の省スペース化に貢献

1Uサイズに5台分のプロセッサ機能を有していることから、省スペース化に大きく貢献します。中継車など、機材スペースが限られたシステムでの活用や、回線センターなど、大量の入出力を扱うシステムにおいて大いに活躍します。

4アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ(オプション)

5系統のアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ機能を搭載。3G/HD/SDの相互変換を実現します。

5各入力にカラーコレクタ機能を搭載

プロセスアンプ機能に加え、カラーコレクション機能を搭載。3種類のカラーコレクションモードによる色補正のほか、ガンマ調整機能やクリップ機能、各種レベル調整機能により、柔軟な色調整環境をご提供します。

6各入力にて
3G-SDI Level-A/B相互変換が可能

3G-SDIのシステム構築の際に、Level-A対応製品とLevel-B対応製品が混在し、接続に悩んだ経験があるかもしれません。FA-505を使えば、チャネルごとにLevel-A/Bの相互変換が可能なため、どちらかの信号種に統一した上でシステム構築を行うことが可能です。

75 x 5のクリーンスイッチ機能

標準で5系統のSDI信号をプロセス後にルーティングするために、
ビデオ、オーディオともに5 x 5のクリーンスイッチを搭載しています。

8SDI入出力リレーバイパス機能

電源断や緊急時に備えて入出力バイパス機能を搭載しています。

9強力なオーディオリマップ機能

オーディオ信号は各ビデオに対してどのチャネルをアサインするか、オーディオ1チャネルごとにリマッピングが可能です。標準で80チャネル、オプション実装時には最大112チャネルものオーディオを自由にリマッピングできます。ディレイ調整や極性変換もチャネルごとに可能なため、オーディオプロセスのために専用の機器を追加することなくシステムアップが可能です。

104K対応プロセッサとして利用可能

FA-505にはビデオチャネルのリンク機能があり、パラメータをリンクさせたいチャネルを一括してコントロールすることが可能です。この機能を利用した4Kモードを特別に用意。Square Division方式の4K(QFHD)信号を、あたかも1つの信号のようにコントロールすることが可能です。

11豊富なコントロール体系

FA-505のフル機能にアクセス可能な専用のリモートコントロールユニットFA-10RUを用意。FA-10RUで最大100台までのFA-505をコントロール可能です。また、1台のFA-505に対して複数のリモコンから同時制御を行ったり、GUIからの同時制御にも対応しています。(最大5台までの同時接続が可能)
カラーコレクション専用のリモートコントロールユニットFA-10DCCRUも用意。朋栄のカラコレシリーズ伝統のオペレーションスタイルを引き継ぎ、各種パラメータへダイレクトにアクセス。スムーズな色調整が可能です。
FA-505の豊富な機能へのアクセスを容易にするリモートコントロールパネルFA-AUX30も用意しています。FA-AUX30はGPIで動作するスイッチボックスで、30個のボタンに対してGPIを設定すれば、ルータのパネルとして利用したり、各機能へのショートカットとして利用するなど、自由な使い方が可能です。GPI設定はあらかじめプリセットパターンが準備されているため、細かな設定を行わずともすぐに使い始めることも可能です。

12使いやすいGUI

FA-505にはWindows上で動作する専用のアプリケーションを標準添付。多彩な機能にフルアクセスし、各種設定が可能です。また、FA-505の本体内にはWEBサーバ機能も実装されているため、モバイル端末やタブレット端末から各種パラメータの調整*を行うことも可能です。

  • 操作できる機能、パラメータは制限があります。

13効率的な冷却構造

FA-505は長時間の安定運用を実現するために冷却システムにも工夫を凝らしています。前面に開いた通気口から空気を吸い込み、内部の電源や基板を冷却し、背面と側面(後部)から排気します。前面の上下に並んだ通気口から面として吸い込み、そのまま後ろに向かって排気するため、熱の滞留が少なく、効率的な冷却が可能です。

関連製品

PAGE TOP