朋栄のあゆみ

1970

沿革

1971.10
創業者(現・代表取締役会長) 清原 慶三により東京都新宿区に設立
1974.2
アメリカ・カリフォルニア州に現地法人 FOR-A CORPORATION OF AMERICA を設立

製品のあゆみ特集:製品ヒストリー

1971
VTG-32 (ビデオタイマ)
世界初ビデオタイマの開発・製品化

1977
FVW-900 (ビデオライタ)
ペンで書いた線画がそのままモニタ上へ

1980

1985.9
千葉県佐倉市に研究開発センターを開設し、新製品の開発、生産の一貫体制を強化、確立
1988.4
カナダ・トロントに現地法人 FOR-A CORPORATION OF CANADA を設立
1989.9
佐倉研究開発センター新館完成

1981
FA-410P(タイムベースコレクタ)
品質に定評のあるタイムベースコレクタ第一作目
1986
MF-2000(デジタルビデオエフェクト)
独自のデジタルビデオエフェクトを開発・製品化

1990

1991.10
札幌研究開発センター開設
1994.3
佐倉研究開発センターに基板アッセンブリー工場完成
1995.4
イギリス・ロンドンに現地法人 FOR-A UK LIMITED を設立
1996.4
イタリア・ミラノに現地法人 FOR-A ITALIA S.r.l. を設立
1998.3
本社を東京都渋谷区恵比寿に移転
1999.4
24時間365日対応の「朋栄サービスセンター」を開設

1993
VWS-100(キャラクタジェネレータ)
後継のVWS-300は長野オリンピックにて公式採用

1997
digiWarp(バーチャルスタジオシステム)
バーチャルスタジオシステムが製品ラインアップに加わる

1999
DCC-700H(デジタルカラーコレクタ)
品質に定評のあるカラーコレクタをはじめ各種HD製品を順次発表

2000

2000.1
佐倉研究開発センター ISO 9001取得
2001.7
東京都渋谷区恵比寿に本社ビル完成
2004.10
韓国・ソウルに現地法人 FOR-A CORPORATION OF KOREAを設立
2005.7
佐倉研究開発センター ISO14001取得
2006.3
佐倉研究開発センターに太陽光発電を導入
2007.5
千葉県佐倉市に製造拠点として朋栄エム・エフ・ジーセンターを開設
2008.4
アメリカ・フロリダ州に現地法人 FOR-A LATIN AMERICAを設立
2008.4
中国・北京に現地法人 FOR-A CHINA LIMITEDを設立
2008.11
管理本部・営業技術本部にて ISO27001取得
2009.10
関連会社として株式会社朋栄アイ・ビー・イーを設立

2001
HVS-3000(2M/Eライブスイッチャ)
SD版、HD版を同時発表。IBC2001 にて好評を得る

2003
HVS-1000HS (HD/SD 1M/Eビデオスイッチャ)
HD/SDに対応したコンパクトビデオスイッチャを発表

2006
FA-9000 (HD/SDフレームシンクロナイザ)
NAB2006にて米国 TV Technology 誌 STAR Award を受賞

2006
FRC-7000 (HDフレームレートコンバータ)
IBC2006にて欧州 TV Technology 誌 STAR Award を受賞

2007
MediaConcierge®(メディアマネジメントシステム)
ファイルベースによる統合管理システムを発表

2008
HVS-5000 Series/HVS-300HS (デジタルビデオスイッチャ)
大型モデルからポータブルモデルまでラインナップを更に拡充

2009
VRCAM (センサレスバーチャルスタジオシステム)
IBC2009にて欧州TVB Europe誌Best of IBC2009および欧州TV Technology誌STAR Awardを受賞

2010

2011.4
関連会社として株式会社朋栄YEMエレテックスを設立
2011.10
代表取締役社長に清原 克明が就任
2012.11
ビジュアル・グラフィックス株式会社の全株式を譲受、グループ傘下に
株式会社ティ・エム・リサーチの株式を取得、グループ傘下に
2013.5
イタリア・ミラノにFOR-A Europe S.r.l. を設立
2013.9
株式会社フローベルの株式を取得、グループ傘下に

2014.1
米国テレビ芸術科学アカデミーより、HD-SDI規格の開発、標準化、高品位の製品化へ貢献したことを評価され、朋栄YEMエレテックスが2013年の技術およびエンジニアリング部門のエミー賞®を受賞
2014.8
インド・ムンバイにあるAgiv (India) Private Limited社の株式を取得、グループ企業に

2017.1
米国テレビ芸術科学アカデミーより、即時リプレイとHD超の制作技術に関して貢献したことを評価され、2016年の技術およびエンジニアリング部門のエミー賞®を受賞

2010
LTR-100HS (LTO-5ビデオアーカイブレコーダ)
NAB2010にて米国 Broadcast Engineering誌 PICK HIT Award 2010を受賞

2012
FT-ONE (フル4K高速度カメラ)
世界初となる4K解像度での高速撮影が可能なカメラを発表。映画/CM撮影でも利用可能なカメラとして大きな注目を集める
2013年経済産業大臣賞(日本映画テレビ技術大賞)をはじめ各賞を受賞

2014
FA-505 (マルチチャネルシグナルプロセッサ)
FA-1010の機能に加え、アップ/ダウン/クロスコンバータやHDR/広色域対応など、各種機能を搭載

2015
HVS-2000 (4K対応デジタルビデオスイッチャ)
4Kに対応したビデオスイッチャのフラッグシップモデルを発売

2016
12G-SDI、Video over IPへの取り組み
Inter BEEにおいて、各種12G-SDI対応製品、Video over IP対応製品を発表。次世代の映像制作環境に向け、ベースバンド、ファイルベース、グラフィックス、IPの技術にバランスよく取り組む姿勢を表明
PAGE TOP