12G-SDI対応マルチパーパスシグナルプロセッサ

FA-9600

4K/12G-SDI/HDR/広色域 全てに対応した
マルチパーパスシグナルプロセッサー。
多様なフォーマットの素材が混在する現場に最適

FA-9600は、2系統のシグナルプロセッサーです。HD/SDビデオ、オーディオ信号の各種プロセス処理が可能で、1台で2台分の機能を提供します。
FA-9600は対応フォーマット、ビデオ/オーディオ入出力、機能面を大きく拡張することで、4K UHD対応、12G-SDI/Quad 3G-SDI 入出力、アップ/ダウン/クロスコンバート、高度なHDR 変換、SFP+モジュール対応、MADI/アナログオーディオ入出力など、他の追随を許さない万能プロセッサーとして活用可能です。 回線、中継、報道、制作、編集、送出など、映像制作現場で求められる機能をわずか1Uの筐体内に包括し、皆様の制作現場に安心と柔軟性をお届けします。

豊富な入出力と機能を搭載

  • ビデオ入出力は、3G/HD/SD-SDI 2入力、2系統各2出力、HDMI は1入力、1出力に標準で対応。
  • FA-964Kの搭載により、内部2系統のうち、1系統を4Kとして利用可能。12G-SDI、6G-SDIの入出力にも対応。(オプション)
  • Quad 3G-SDI入出力カードや12G-SDI分配出力カード、SFP/SFP+モジュールを搭載可能。(オプション)
  • フレームシンクロナイザー、プロセスアンプ、色域変換、カラーコレクター、クリップ機能、フレームディレイを2系統搭載。
  • フレームシンクロナイザーは4モードに対応:Frameモード/Lineモード/AVDLモード/Line(Min)モード
  • FA-96UDCの搭載により、アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバーターのほか、インターレース/プログレッシブ変換、2SI/SQD変換、3G-SDI Level A/B変換が利用可能。(オプション)
  • HDR機能として、1D-LUT変換、各種Logカーブ変換(EOTF/OETF)を2系統搭載。
  • HDR機能拡張として、3D-LUT変換を1系統、SR Live for HDR(OOTF)機能を最大2系統搭載可能。(オプション)

MADI、Danteオーディオにも対応可能

  • エンベデッドオーディオは2系統各16チャネル(HDMIは最大8チャネル)に対応、AES/EBUオーディオは、4入力・2入力または2出力・4出力 (ステレオ4系統、不平衡)を搭載。ビデオ信号へのエンベッド、ビデオ信号からのデエンベッド回路搭載。
  • ゲイン調整、サンプルレート変換、ダウンミックス、リマップ、ミュート、オーディオディレイ機能を搭載。
  • AES/EBU入出力拡張カードのほか、アナログオーディオ入出力カード、MADIインターフェースカード、Danteインターフェースカードの搭載が可能。

抜群の操作性

  • Ember+による外部制御が可能
  • リダンダント電源、GPI入出力、LTC入出力等の追加が可能。(オプション)
  • リモートコントロールユニット(別売)の接続が可能。フロントパネルから直接調整が可能なカラーコレクション専用モデルFA-10DCCRUもラインアップ

HDR/SDR が混在する制作環境に最適

HD/4K UHD製作を強力にサポートする新開発のカラープロセス回路を搭載。スイッチャや素材編集の入力段において規格統一が可能になる一方、出力段ではHDRとSDRのサイマル放送などにも活用可能。







 

  • 各種HDR・SDR カーブに対応したEOTF/OETFにより外部デバイスの差異を補正
  • EOTF/OETFのLogカーブと色域は、PCから登録が可能。S-Log3やCanon Log 3など、カメラのログカーブにも対応
  • HLG、PQ、SDRなどの各種Logカーブに対応したダイナミックレンジ変換機能。ITU-R BT.2100準拠のダイナミックレンジ変換にも対応
  • HDR拡張ソフトウェア(FA-96AHDR2)の追加により、SR Live for HDRに対応した変換、またはOOTF Adjustment機能の使用が可能。 そのほか、モード変更によって3D-LUTを使った変換も可能
    〈対応SDR/HDRログカーブ〉
    - SDR BT.1886
    - SDR BT.709
    - HLG BT.2100
    - SMPTE ST 2084(PQ)
    - S-Log3 (SONY)
    - Canon Log 2
    - Canon Log 3

ブロック図


4K/HDサイマルモード

Dual HDモード

3D LUTモード

オプション:拡張カード

FA-96EX3G44-R (3G-SDI入出力拡張カード)/
スロットA

Single Link 3G/HD/SD-SDI の4入力/4分配出力、または 4K用のQuad/Dual Link 3G/1.5G-SDI の入力/出力として使用可能。
全端子リレーバイパス可能。






FA-96EX12G06 (12G-SDI 6出力拡張カード)/
スロットA

Single Link 12G/6G/3G/HD/SD-SDI の6分配出力、または4K用のDual Link 6G/3G-SDI出力、Quad Link 3G/1.5G-SDI 出力として使用可能。
(オプションFA-964Kの搭載が必要)





FA-96SFPC4 (SFPコネクター拡張カード)/
スロットA

SFP/SFP+モジュールを最大4個搭載可能なケージカード。12G-SDI対応のSFP+モジュールを組み込むことで、最大4系統の光ケーブルによる長距離伝送に対応。
(オプションFA-964Kの搭載が必要。FA-96ANA-AUDとは同時に実装できません。)






FA-96AES-UBL(AESオーディオ入出力拡張カード)/
スロットB

不平衡AESの入出力を4つ増設する基板。入出力は2端子単位で切り替え可能。






FA-96ANA-AUD (アナログオーディオ入出力拡張カード)/
スロットB

平衡4入力、4出力のアナログオーディオ増設基板。
(D-sub 25ピン メス端子)
FA-96SFPC4とは同時に実装出来ません。






FA-96MADI (MADIオーディオ入出力拡張カード)/
スロットB

BNC 1入力、1出力のMADIオーディオ増設基板。





FA-96AES-UBLC (AESオーディオ出力拡張ケーブル)/
スロットB、C

不平衡AESの出力端子を4つ拡張するケーブル。 本体側AES端子は入力専用端子。





FA-96GPI (GPI入出力カード)/
スロットB、C

GPI制御基板。10入力、10出力が可能。





FA-96DIN4-CBL (DIN 1.0/2.3拡張ケーブル)/
スロットD

LTC入出力を追加可能なケーブル。1入力、1出力が可能。

FA-96DB9-CBL (GPIケーブル)/
スロットE

GPI制御用ケーブル。 7系統の入出力が可能(系統ごとに入出力切替可能)。

FA-96AHDR2 (HDR拡張ソフトウェア)

4K HDR/HD SDRの同時ライブ映像制作を実現するSR Live for HDRに対応した変換をサポート。S-Log3(Live HDR)/HLG_LiveのLogカーブが使用可能。また、3D-LUTにも対応。
SR Live for HDRはソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社の提唱する HDR映像制作ワークフローです。

リモートコントロールユニット

FA-10RU : リモートコントロールユニット

FA-9600のほぼ全機能について遠隔操作が可能。1台の本体に対し最大5台からの同時制御が可能。

FA-10DCCRU : カラーコレクタ専用リモートコントロールユニット

FA-9600のカラーコレクタ機能について遠隔操作が可能なリモートコントロールユニット。1台の本体に対し最大5台からの同時制御が可能。

外部リモートパネル

FA-AUX30 : 外部リモートパネル

FA-9600、およびリモートコントロールユニットFA-10RU、FA-10DCCRUのGPIを制御可能なユニット
本体にFA-AUX30を直接接続する場合、オプションスロットB、Cのいずれか(複数選択可)にFA-96GPIの実装が必要です。