新卒採用

先輩社員紹介

国内営業本部

入社年:2016年
出身:国際文化学部

国内営業職社員にインタビュー

朋栄を知ったきっかけは何ですか?

野球部で同期と

私は大学生時代、野球部に所属していたのですが、当時の野球部監督と朋栄営業本部長がお知り合いだったことから、朋栄を紹介されました。そこから会社説明会に伺った際に、多くの若手スタッフが勤務されていること、社歴が浅い段階から自ら考えて行動できることなどが決め手となり、朋栄に入社させて頂きました。

就職活動中、不安などはありましたか?

就活を始めた当初は、自分は社会から必要とされているのか、自分の長所は何なのかといった不安な気持ちがありましたが、これまでの人生を振り返ってみたときに、多くの人と出会い、様々なことで成長させて頂いたと改めて感じ、業界問わず人と関わる機会が多い営業職が合っているのではないかと考えました。父親も電気系メーカーに営業として勤めていたので、就活中は色々と相談もしました。
大学が北海道だったのですが、実家が東京近郊だったことから、通いやすいエリアとして就職先には東京を希望していました。そういう意味でも、朋栄とは条件があっていました。

朋栄に入社した当初のことを教えてください。

社内の様子

入社当初は全てが初めてだったため、1年上の先輩からすでに大人に見えるくらいでした。不安な気持ちがほとんどでしたが、先輩方から社会人としての心得など、親切にご指導いただき、とても仕事がしやすい環境だと感じたことを覚えています。入社前に、11月に開催されるInterBEEという展示会の見学会に参加させていただいたのですが、その時に初めて同期と会いました。それ以降、入社までは特に会うことはなかったのですが、入社後は同期同士仲がよく、今でも誕生日が近い人がいれば飲み会を開いていたりします。
また、私は野球部に所属しているので、練習など業務時間以外にも野球部の先輩とは接することが多くありました。営業本部の中にも野球部の先輩がいるので、色々と教えていただいたり、交流は多いと思います。

入社して5年目になりましたが、今は仕事への向き合い方など、入社当初から変化はありましたか?

現在は国内営業職として、主にメーカー企業様を担当させて頂いており、多くの朋栄製品を購入頂いております。上司や開発の方々にアドバイスを頂きながら、様々なことを勉強させて頂いている為、この経験を少しずつ自分のスキルとして身に付け、実践に活かしていければと考えております。
また休日は主に野球部の活動に参加しております。歳が近い社員の方々と共通の趣味で体を動かすことができるので、とてもリフレッシュできます。今のチームの目標は東京ドーム(全国大会)出場です!!

入社後の苦労や、ギャップなど教えてください。

入社3年目の本社内覧会にて、担当のお客様のご対応

これまで、何度か営業本部内のグループ移動などがあり、上長や担当のお客様がかわることがあったのですが、その都度仕事の仕方が少しずつ変わってくるので、不慣れなうちは大変だと感じたこともありました。ただ、尊敬できる上司のおかげで、仕事をしながら色々と勉強できる環境であると思っています。
知識面は、正直大変でした。営業は人間関係に重点をおくのだろうと思っていましたが、思った以上に、製品など覚えることが多いと思いました。覚えられることから、少しずつ身に付けていくようにしています。
全体的には、学生の頃に想像していた「社会人」と、実際のギャップがあって、思ったより色々とやらせてくれると思いました。当社の社風なのだと感じています。

朋栄ではどのような社員が活躍していますか?

朋栄の営業は、営業だけでなく技術の方と一緒に動くこともあるので、報連相をこまめに行う等の集団行動ができる社員が多いです。また、上司の指示だけでなくその先を読んで、自発的に行動ができる社員が活躍していると感じています。

社内の雰囲気を教えてください。

社内の雰囲気は明るくてとても良い雰囲気です。会社説明会に参加させていただいた時に感じたように若手スタッフが多い印象で、わからないことは先輩や上司がフォローしてくれます。

目指す将来像などありますか?

お客様から仕事を頂いた際には、社内外問わず『上田に任せたいと思ってもらえるような営業マン』になりたいと考えています。

これから就活する人たちに伝えるとしたら、どんなことでしょう?

内定を頂くまでは悩むことも多々あると思いますが、最終的には企業との縁です。あまり深く考えすぎずに、『自分の長所をアピールする為にはどうすれば良いか』という事を考えて就職活動を行って頂ければと思います!

ありがとうございました。
(2020年9月掲載)