IPチェンジオーバースイッチャ

IPS-6200

ショック無し。IP回線の信頼性を高める。

TSおよびTS over IP信号に対応した1Uスタンドアロン型シームレスIPチェンジオーバー。冗長回線上のIP信号をTSレベルで常に監視。異常発生時、出力を乱さずに速やかに予備系へ切り替える、自動シームレス切り替えを実現。

1台のエンコーダからマルチキャスト等により冗長化されたTS over IP信号をTSレベルで常に監視し、一方で異常が発生した場合、もう一方へシームレスに切り替えて出力する、シームレスIPチェンジオーバーです。伝送経路上のエラーによるリスクに対して、伝送経路を二重化することにより信頼性を更に高めます。

同一エンコーダ出力間のシームレス切り替え機能

1台のエンコーダからマルチキャスト等により冗長化されたTS over IP出力をシームレスに切り替えることが可能です。映像/音声を乱さない完全シームレス切り替えに対応します。

自動/手動切り替え

信号に異常が発生した場合、自動でもう一方へ切り替えます。手動切り替え、および各系に対して個別に自動/手動のアサインが可能です。例えば、現用から予備への切り替えが自動、予備から現用への切り替えが手動の設定が可能です。

遅延調整機能

出力を乱さないシームレスな切り替えを行うために、異経路間で発生した遅延差を速やかに吸収し、両入力の位相を自動で合わせます。遅延調整可能範囲は最大10秒です。

TSレベルでのエラー監視

IP信号をTSに変換することにより、既にTSチェンジオーバーで実績のある「TSレベルでのエラー監視」を行います。エラー検出対象は、TR101 290をはじめ、パケットロス、NULLオンリーなどで、これらの信号品質に致命的なダメージを与えるエラーから信号を守ります。エラー検出のオン/オフは、信号の種類ごとに設定可能。PIDエラーの検出閾値は、任意の時間に設定可能(1 ms ステップ)。マルチプログラム信号は4番組まで対応します。

専用GUIによる外部制御機能

Ethernetをインターフェースとし、運用形態に合わせた幅広い遠隔監視制御を可能にします。専用GUIによる本体設定以外にエラー監視の表示、イベントログビューワの搭載、自動CSVファイル生成機能など、履歴が必要な信号管理の面でも活躍します。また、SNMPからも操作や設定、状態監視が可能です。

TS/IP両入力対応

各入力で、TS入力とIP入力を選択可能。IN1はIP、IN2はTSといった混在使用が可能です。IP対SAT(衛星)の冗長運用に最適です。

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP