製品情報

IPマルチビューワーMV-1640IPを発売

SMPTE ST 2110に対応、SDI入力素材の混在表示も可能

2021年3月10日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原克明、本社:東京都渋谷区)は、SMPTE ST 2110のIP方式に対応したIPマルチビューワーMV-1640IPを280万円(税抜)で発売、2021年3月から出荷いたしました。

型名:
発売時期:
希望小売価格:

MV-1640IP
発売中(2021年3月〜)
390万円(税別)

MV-1640IPは、1RUの筐体にSPF28モジュールスロットを搭載し、10GbE、25GbEの両IP環境にて使用することができるマルチビューワーです。入力する映像のIP方式はSMPTE ST 2110-10/20/30/40に対応しており、SMPTE ST 2022-7リダンダント環境にも対応します。非圧縮映像で、HD最大16ストリームの入力が可能です。ストリームの切り替えには、NMOS IS-05を使用しています。

MV-1640IPMV-1640IP

MV-1640の出力端子には、12G/3G/HD-SDI出力1系統、3G/HD-SDI出力3系統、HDMI出力1系統を搭載しています。3G/HD-SDI出力によるHD4系統または12G-SDIによる4K UHD 1系統の出力が可能です。3G/HD-SDIでHD出力時は、いずれかの出力系統をHDMIでも出力することが可能。4K UHD出力時は、12G-SDIまたはHDMIのいずれかで4Kモニターに出力します。モニター内のウィンドウは合計25個まで対応しており、HDから4Kへのアップリサイズ、4Kから2Kへのダウンリサイズ機能も搭載しています。

さらに、弊社MVシリーズで培ってきたタリー表示/タイトル表示/タイムコード表示、30時間制時刻表示/タイマー表示/インフォメーションディスプレイ表示、ロゴ表示も可能。ベースバンド環境のMVシリーズの操作性を活かしながら、IP環境でのマルチビューワー運用が可能です。SNMP機能も標準搭載しており、ネットワーク経由での監視、制御に対応します。


オプションによりSDI入力素材の混在、IP入力の追加、システム制御に対応

MV-1640IPは、SDI入力オプション、インターフェースオプションにより、機能を拡張することが可能です。

SDI入力オプションMV-1640SDIは、3G/HD/SD-SDI 16系統の入力端子を持ち、本体のIP入力に加えSDI素材を扱うことにも対応させます。入力したSDI素材は、IP入力素材と混在させて表示することが可能です。複数台のMV-1640IP本体のカスケード接続にも対応。HD16ストリームを超えるIP入力を扱うことができます。

MV-1640IPは、インターフェースオプションMV-1640IFを追加することで、MV-1640IPにGPI入出力、LTC入力、リファレンス入力の各機能を追加します。IP/SDIが混在した環境や、各種システムと連携させたマルチビューワーの利用が可能になります。

製品に関するお問い合せ

株式会社朋栄 国内営業本部
TEL:03-3446-3121 FAX:03-3446-4451

お問い合わせフォームはこちら