新製品情報
LTO-8テープ対応のLTOサーバーLTS-80を発売

最大転送速度300MB/秒のLTO-8ドライブで4K制作でのアーカイブやバックアップに対応


2018年9月19日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原克明、本社:東京都渋谷区)は、データバックアップや二次利用を想定したノンリニア編集素材のアーカイブなど、大容量アーカイブやバックアップ用途向けの製品として、最大転送速度300MB/秒(2.4Gbps)のLTO-8ドライブを搭載したLTOサーバーLTS-80を発売しました。


型名:
発売時期: 
価格:

LTS-80
発売中(2018年8月末より)
140万円(税別)〜


LTS-80

■最大記憶容量12TBのLTO-8テープへの保存と同時に、外部HDDまたはNASへのコピーが可能
4K/8K制作において、大容量のプロジェクトファイルをどう保存し、どう活用するかが課題となっています。この課題に対し朋栄は、最大転送速度300MB/秒(2.4Gbps)のLTO-8ドライブを搭載したLTS-80を開発。最大記憶容量12TB(非圧縮時)のLTO-8テープに対応いたしました。

LTS-80は、ネットワーク上にあるファイルサーバーと同様に、ファイルの種類やフォーマットに依存することなく、動画ファイルはもちろん、静止画ファイルや文書ファイル、ノンリニア編集のプロジェクトファイルなど、各種ファイルを保存できます。バックアップ時には、LTOテープへの保存と同時に、LTS-80にUSB接続した外部HDDあるいは同一ネットワーク上にあるNASにコピーすることもでき、よりフレキシブルな運用が可能になります。より高速なデータアクセスを実現するため、10GbEを使用した高速インターフェースも追加可能です。RJ45コネクターまたはSFP+コネクター経由の光トランシーバーのインターフェースを選択できます。

■本体内にメディアアセット管理機能を追加することが可能
LTS-80は、映像ファイルを管理するためのLTRブラウザーやMAM機能を追加するLTS-MAMを追加することが可能です。LTS-MAMオプションにより、LTOテープの映像やサムネイル、プロキシ映像、メタデータなどの情報をLTS-MAMデータベースで管理するとともに、関連データを添付ファイルとして保存することができます。LTS-MAMデータベースには、LAN接続したPCのWebブラウザーからアクセスすることが可能です。

■各種コーデックオプションで、映像ファイル保存時にサムネイルとプロキシ映像ファイルを自動生成
各種コーデックオプションを追加することにより、映像ファイルのアーカイブ時に、サムネイルとプロキシ映像ファイルを自動的に生成することが可能になります。LTRブラウザーやLTS-MAMと連携して、LTOテープ内の映像ファイルから必要な部分を別の映像ファイルとして生成するパーシャルリトリーブ機能にも対応できます。

■旧テープからの移行を可能にするLTOマイグレーションツールもオプション設定
従来のLTSサーバー/LTRビデオアーカイブレコーダー製品を併用して、LTO-5/LTO-6テープからスムースに環境移行を図るためのオプションを設定。LTS-80とLTS/LTR製品をLAN接続して2台間でテープコピーするためのオプションLTS-I-CPや、LTS/LTR製品でアーカイブした複数のLTO-5/LTO-6テープから1本のLTO-7/LTO-8テープにまとめる際にファイル名の重複を事前に確認、修正してからコピーする事が可能なLTOマイグレーションソフトウェアLTS-MGSを用意しています。

型名:
発売時期: 
価格:

LTS-I-CP
発売中
30万円(税別)  

LTS-MGS
発売中
30万円(税別)

新製品に関するお問い合せ

株式会社朋栄 国内営業本部
TEL:03-3446-3121 FAX:03-3446-4451
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP