新製品情報
朋栄エレテックス製 映像音声遅延分配装置EDA-1000/2000を発売

HD-SDI 1系統入力時に最大80秒の映像/音声遅延が可能


2018年9月10日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原克明、本社:東京都渋谷区)は、朋栄エレテックス製 映像音声遅延分配装置EDA-1000/EDA-2000を発売いたします。
EDA-2000は、オランダのRAIアムステルダムで2018年9月14日(金)から5日間開催される欧州放送機器展「IBC 2018」にて展示されます。(ホール2 ブースNo.A51)


型名:
発売時期: 
価格:

EDA-1000
2018年9月下旬  
95万円(税別)

EDA-2000
2018年9月中旬
115万円(税別)


EDA-1000(上)とEDA-2000

■4系統個別に、映像/音声/VANCデータ別に遅延時間を設定可能
EDA-1000/EDA-2000は、3G/HD/SD-SDIに対応した映像音声遅延分配装置です。EDA-1000は1Uハーフラックサイズ、EDA-2000は1Uラックマウントの筐体を持ち、映像、音声、VANCデータを同時に、あるいは個別に遅延させることが可能です。いずれも4系統の入力端子を持ち、それぞれ独立した遅延時間を設定できるほか、quad link 3G-SDIを使用した4K映像 1系統の入力にも対応しています。遅延時間は、HD-SDIにて1系統入力時に、標準で最大40秒まで設定でき、遅延時間増設オプションEDA-20EX搭載時には最大80秒まで設定できます。

映像ディストリビューター機能も内蔵。3G/HD/SD-SDIにて1系統入力時に、EDA-1000で4分配出力、EDA-2000は8分配出力が可能です。信号同期は、入力ロックのほか、BBまたは3値シンクによるGenlock同期に対応しています。

専用リモートコントロールユニット EDA-20RU

■外部システムとの連携に対応
専用リモートコントロールユニットEDA-20RUやTelnetを使用した外部制御にも対応しています。さらにSNMP監視システムへの組み込みにも対応。SNMPを使用したトラップ出力や状態取得、機器設定をすることが可能です。

EDA-2000はリダンダント電源も搭載しており、各種システム内で安定した運用を可能にしています。

新製品に関するお問い合せ

株式会社朋栄 国内営業本部
TEL:03-3446-3121 FAX:03-3446-4451
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP