展示会情報
SECURITY SHOW 2018 出展概要

「確かな技術で安全を守る。」をテーマに、多様なラインアップを展示


2018年2月15日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原克明、本社:東京都渋谷区)は、来る2018年3月6日(火)〜9日(金)まで、東京国際展示場(東京ビッグサイト)にて開催される第26回セキュリティ・安全管理総合展「SECURITY SHOW 2018」(主催:日本経済新聞社)に出展いたします(東7ホール ブースNo.SS7718)。

本年は「確かな技術で安全を守る。」をテーマとして継続し、IPカメラに対応した小型画面分割器の新製品MV-16SIPを出展します。同製品のアナログ入出力およびSDI出力のオプションを活用することで、IPカメラを既存のアナログ/SDIのシステムと連携して実現する大規模な「画面分割」をはじめ、セキュリティ分野に欠かせない「画像鮮明化」「情報可視化」「大容量記録」に対応可能なソリューションを紹介します。

主な出展製品

MV-16SIP

■IP対応 小型画面分割器 MV-16SIP
IPカメラの映像をPCレスで最大16分割表示でき、各映像にタイトルを追加表示可能な画面分割器。 IPカメラを最大64台まで認識し、ONVIF® Profile S規格対応のIPカメラではパン/チルト/ズーム操作も可能です。オプションのMV-16SIPIOを追加することにより、アナログコンポジット3系統の入力、アナログコンポジットおよびSDI出力などを増設でき、IPカメラを既設のアナログ/SDIのシステムや信号処理機器に活用できます。


MV-1200

■画面分割器 MV-1200
3G/HD/SD-SDI、アナログコンポジット、HDMI、DVIの混在入力や、各種解像度の混在入力にも対応する画面分割器。最大16入力・4系統6出力のモニタリングが可能で、監視カメラの映像や各種情報の表示などを自由にレイアウト可能。





IVS-710HS

■ブレ補正装置 IVS-710HS
港湾、高速道路、橋上など振動の多い環境での撮影時に発生する映像のブレを、リアルタイムに除去可能。風や波の影響を排除して、監視業務を強力に支援します。






Mimic-AFC/HD

■画像鮮明化装置 Mimic-AFC/HD [フローベル製]
既存のモニタリング環境に後付けできる単体ユニットタイプ。霧や雨によりかすんだ映像や暗所の映像を補正して鮮明に表示。オートフォーカス機能も搭載。(*レンズの制限あり)





MBP-200TB2

■リアルタイム合成装置 MBP-200TB2
入力映像に、文字情報やグラフィックをリアルタイムに描画可能。外部機器からのデータを受けて、映像上にテキストや画像を表示できるリアルタイム情報合成装置。
このほか、カメラタイトルや日時などの文字情報や、ロゴなどのグラフィックを組み合わせたり、手描きグラフィックスを映像に合成するなど、より視覚的に分かりやすい情報表示を可能にするソリューションを紹介します。

LTS-70

■LTOサーバー LTS-70
PCと本体をLANで繋ぐだけの簡単接続で、手のひらサイズのLTO7テープに最大6TB(非圧縮時)のデータを保存可能。膨大な台数のカメラ映像、長時間におよぶ監視録画映像を、効率よく省スペースで保存・管理。外部制御SDK(ソフトウェア開発キット)の提供も可能。



■4K切り出し装置 ZE-ONE
4K映像から、直観的なタッチパネル操作で任意のサイズでHDサイズの映像を切り出して出力できる切り出し装置。

■各種モニターラインアップ [朋栄YEMエレテックス製]
高精細LEDモニターや強化ガラス仕様モニターなど、多彩なラインアップを紹介します。

このほかにも各種セキュリティ関連製品を展示いたします。


※ONVIFは、Onvif, Inc.の登録商標です。

新製品に関するお問い合せ

株式会社朋栄 国内営業本部
TEL:03-3446-3121 FAX:03-3446-4451
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP