新製品情報
4K/HDキャラクタジェネレータ VWS-1000シリーズを発表

2系統送出可能なHDモデルと12G-SDI対応の4Kモデルなど、4モデルをラインアップ


2017年10月25日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

VWS-1000シリーズ

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原克明、本社:東京都渋谷区)は、、システム機材数を削減し、省スペースと省電力を実現可能な4K/HDキャラクタジェネレータ VWS-1000シリーズを発表しました。

VWS-1000シリーズは、SSDと、複数系統出力が可能なビデオカードを本体内に搭載しており、2種類のHDモデルと2種類の4Kモデルで構成されます。HDモデルは、2系統の送出が可能なVWS-1000と1系統送出モデルVWS-1000-C1の2モデル構成。4Kモデルは出力端子別に、quad link 3G-SDI(Level-A)のSQD/2SIに対応するVWS-1000-4Kと、12G-SDI(Level-A)を搭載するVWS-1000-12Gの2モデル構成となります。

VWS-1000シリーズについては、11月15~17日に幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」にて展示します。




型名:
価格:
発売予定:

HD 1系統送出モデル 

VWS-1000-C1
300万円(税別)
発売済み

HD 2系統送出モデル 

VWS-1000
450万円(税別)
発売済み

4K quad link SDI対応 
1系統送出モデル
VWS-1000-4K
470万円(税別)
2017年11月末

4K 12G-SDI対応 
1系統送出モデル
VWS-1000-12
520万円(税別)
2018年春


VWS-1000シリーズ共通の特長

VWS-1000シリーズは、3Uサイズの筐体に、テロップ送出と動画送出・ミキサー機能を実装しています。ビデオカードにVideo/Key処理が可能なマルチレイヤミキサーを搭載しており、動画像へのスーパーインポーズ、3Dテロップの合成を可能にしています。記録メディアにSSDを採用し、リダンダント電源も標準搭載することで、安定した運用を実現しています。

各モデルの特長

◆ HD1系統送出のベーシックモデル VWS-1000-C1

HDモデルのVWS-1000-C1は、HD 1080/59.94iに対応したキャラクタジェネレータ。1系統のPGM Video/Key、PREV Video/Keyの送出、Video/Keyの静止画キャプチャに対応しています。動画オプションを実装することにより、AVC IntraのMXFファイルからの動画送出に対応します。

◆ HD2系統送出に対応するスタンダードモデル VWS-1000

VWS-1000は、VWS-1000-C1の機能に加え、PGM Video/Key、PREV Video/Keyの2系統送出に対応したキャラクタジェネレータです。動画オプションを実装することにより、AVC IntraのMXFファイルから最大2系統の動画送出が可能になります。

◆ Quad link 3G-SDIを搭載する4K対応モデル VWS-1000-4K

VWS-1000-4Kは、HDと4Kに対応しています。quad link 3G-SDI (Level-A)接続での4Kモードでは、SQD (Square Division)/2SI (2 Sample Interleave)どちらのマッピング形式も取り扱い可能です。4KモードでPGMVideo/Key、PREV Videoの4K送出とVideoの静止画キャプチャに対応し、HDモードでは2系統のPGM Video/Key、PREV VideoのHD送出とVideoの静止画キャプチャに対応しています。

HD動画オプションを実装することでAVC IntraのMXFファイルから最大2系統の動画送出、4K動画オプションの実装によりXAVCフォーマットのMXFファイルからの1系統動画送出が可能になります。

◆ 12G-SDIを搭載した4K対応モデル VWS-1000-12G

VWS-1000-12Gは、12G-SDI (Level-A)搭載モデル。4KモードでPGM Video/Key、PREV Videoの4K送出とVideo/Keyの静止画キャプチャに対応し、HDモードでは2系統のPGM Video/Key、PREV VideoのHD送出とVideo/Keyの静止画キャプチャに対応しています。

VWS-1000-4Kと同様に、HD動画オプションを実装することでAVC IntraのMXFファイルから最大2系統の動画送出、4K動画オプションの実装によりXAVCフォーマットのMXFファイルからの1系統動画送出が可能になります。


複数の映像を1本のケーブルで扱えるIPインターフェース搭載VWS-1000-IPシリーズを2018年に追加

10Gbps Video over IPインタフェース(SFP+)を2系統搭載(*1)し、SMPTE ST 2022-6、SMPTE ST 2110、NMIの各IP方式に対応したVWS-1000-IPも、2018年にラインアップに追加予定です。4Kモデルでは、LLVCやTICOコーデックを用いた圧縮/伸長に対応します。

VWS-1000-IPは、HD 2系統送出モデルと、4K 1系統送出モデルで構成されます。HDモデルでVideo、Key、PREVの各映像を2系統分、合計6本の映像信号をまとめて1本のケーブルでIP送出でき、4KモデルではVideo、Keyをそれぞれ同時に送出します。(*2) 背景動画オプションを追加することで、4KモデルでXAVC Intra Class 300/Class 480コーデックが利用可能になります。(*3)



型名:
価格:
発売予定:

HD 2系統IP送出モデル  
VWS-1000-IP
520万円(税別)
2018年春

4K 1系統IP送出モデル  
VWS-1000-IP-4K
620万円(税別)
2018年夏


(*1) SFP+は1系統2個搭載し、現用予備として冗長仕様になっています。
(*2) 4Kを10Gbpsで伝送するには、TICO/LLVCコーデックによる圧縮/伸張が必要になります。
(*3) エンコード/デコード切り替え式になります。
※XAVCは、ソニー株式会社の商標です。

新製品に関するお問い合せ

株式会社朋栄 国内営業本部
TEL:03-3446-3121 FAX:03-3446-4451
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP