フル4K高速度カメラ (ハイスピードカメラ)
FT-ONE/FT-ONE-OPT

  • 概要
  • 特徴
  • 仕様
  • カタログ・資料ダウンロード
お問い合わせ

フル4Kスーパースローという回答

世界初*となるフル4K解像度でのスーパースロー撮影が可能な高速度カメラ (ハイスピードカメラ)です。FT-ONEは朋栄が独自に開発したフル4K解像度/高感度グローバルシャッター方式を採用したCMOSカラーセンサ「FT1-CMOS」を搭載。この特徴あるセンサを活用し、フル4K (4096 x 2160ピクセル) 解像度にて秒間最大900コマまでのスーパースロー撮影を実現しました。撮影した映像はRAWデータとして内部メモリ (RAM) に高速記録。標準搭載される同メモリにはフル4K解像度かつ900コマ/秒にて最大9.4秒の記録が可能。メモリ内に記録されたデータは、内蔵オプションとして提供されるSSDカートリッジにデータ移管することができます。4K解像度でのスーパースロー撮影を実現した前人未到のイノベーションが映像の持つ創造力をさらに広げます。

*2012年5月の製品発表時点での調査


  • TVB Europe誌 "Best of IBC 2012"受賞
  • TV Technology Europe誌 "STAR Award 2012"受賞
  • BIRTV Award 2013 受賞
  • 第12回(2012年度)経済産業大臣賞(MPTE AWARDS 2013)受賞
  • 第66回日本映画テレビ技術協会 技術開発賞受賞

FT-ONE-OPT製品紹介ビデオ

FT-ONE主な特長

オプション

ライブプロダクションワークフロー (FT-ONE-OPT)

  • FT-ONE-OPTとベースステーション FT-1BS は光ファイバーで接続 (通常のHDカメラケーブルを使用)
  • 電源、各種映像、リターン映像のほか、インカムなどコミュニケーションラインも光ファイバーに重畳
  • FT-ONE-OPTならびにベースステーションFT-1BSからはライブ映像とスロー映像を同時出力
  • リモートコントロールパネルFT-1RUまたはFT-1RUAにより、録画・再生コントロールが可能
  • ゲインやペデスタル等のVEはリモートコンロールパネルFT-1RCPまたはFT-1RCP-Jを利用
  • スロー映像の後段にはZE-ONEを接続することで、4K映像の一部を切り出し出力

DI (Digital Intermediate) ワークフロー (FT-ONE/FT-ONE-OPT)

  • FT-ONE/FT-ONE-OPTは、4KならびにHD映像出力を搭載しているため、現場でのプレビューも容易
  • FT-ONE/FT-ONE-OPTの収録データは、SSDカートリッジから汎用PCへコピー (コピー時にDNGまたはDPXへ変換)
  • FT-1READでは、撮影したカラーチャートから3D-LUTの生成も可能
  • DNGまたはDPXファイルはタイムコードを付加し、オフライン編集のためのプロキシ映像を生成
  • オフライン編集からEDLデータを受け取り、カラーグレーディングならびにオンライン編集へ
特徴をみる

自社開発「FT1-CMOS」搭載

  • 4Kフル解像度/高感度CMOSカラーセンサ「FT-1CMOS」を搭載
  • Super 35mm相当の大型センサにより、撮影感度と高速撮影の両立を実現。被写体のディティールを緻密に描写可能
  • 最大で秒間900コマの高速撮影を実現
  • センサからのデータを高速処理する内部回路により、膨大な4K画像データを高速処理。内蔵メモリへリアルタイムに蓄積
  • 撮影速度は24コマ/秒から段階的に変更可能。高速撮影を中心に開発されたカメラのため、いずれの撮影速度であっても4K撮影が可能
  • 「 FT-1CMOS」は12ビット階調、11STOPSの高ダイナミックレンジを保有。センサ感度ISO 640により、ノイズの少ない安定した撮影を実現

   

「FT1-CMOS」

 

センササイズ模式図

 

メモリ分割機能

  • 内部メモリは1つの保存領域として利用する以外に、録画領域を分割することで同時録画/再生にも対応
  • 分割領域は、2分割から16分割に対応
  • 連続撮影の際に、撮影した映像を残したまま次の撮影を行うことが可能。また、任意の録画済みメモリ領域の映像を再生しながら、別の領域に新しいシーンの録画を行うことが可能

多彩なトリガー入力

  • FT-ONEは電源投入時から映像を常時録画
  • 高速撮影に必須のトリガー入力は、スタート、センター、エンドトリガーを搭載。撮影に応じて最適な録画トリガーを選択可能
  • 再生時には再生開始位置を設定し、必要な箇所だけを再生することが可能 (プリロール機能)

高速グローバルシャッターシステム

  • ローリングシャッターで起こりうる高速に動く被写体の歪みから解放された撮影が可能
  • 被写体の一瞬の動きを4Kフル解像度で緻密にとらえることが可能

4K同時録画/再生機能

FT-ONE

  • ビデオ出力部として4K出力を有し、撮影映像を4Kにてリアルタイムに出力。スロー再生時にはスロー映像に自動切り替え
  • 4K出力端子は3G-SDI x 4を搭載
  • 4K出力のほか、HDにダウンコンバートされたVF OUTおよびAUXを搭載
  • VF OUTにはメニュー画面の表示も可能

FT-ONE-OPT

  • ビデオ出力部として4K出力を有し、撮影映像を4Kにてリアルタイムに出力。スロー再生時にはスロー映像に自動切り替え
  • 4K (QFHD) 映像を2系統同時出力 (CH A、CH B)
  • CH Aはライブ映像用、CH Bはスロー映像用の出力
  • VF OUT、AUXのほか、リターン出力 (RET1、RET2)も搭載

SDI出力端子 (本体背面右側)

光ファイバー搭載モデル:FT-ONE-OPT

  • FT-ONEの映像、各種信号を光カメラケーブルを使用して長距離伝送可能なモデル。FT-ONEの特長を網羅
  • オプションの光ファイバーベースステーションFT-1BSを接続することで、長距離の映像伝送が必要となる屋外中継、スタジオシステムカメラとして使用可能
  • ゲンロック信号伝送機能
  • 放送用・緊急用インターカムシステム機能
  • VF OUTにRET 1/2を切り換えて出力可能

新たにHDモードを追加 (FT-ONE-OPTのみ)

  • HDモードでは、1920 x 1080の場合、最大1670コマ/秒、1920 x 888の場合、最大2000コマ/秒の高速撮影が可能
  • CH A、CH Bそれぞれ4出力 (出力1、2はHD-SDI、出力3、4は3G-SDI)

その他特長

  • ゲンロック入力
  • 12軸色補正機能。12軸それぞれで色相と彩度の調整が可能 (ビデオ出力にのみ反映、メモリ内のRAWデータには影響しません)

オプション

SSDカートリッジ: FT-ONE2T/FT-ONE-1TL

FT-ONE/FT-ONE-OPTの内部メモリに記録されたデータをSSDカートリッジに移動することが可能。FT-ONE2Tは1台で最大76,000フレームのデータを蓄積できます。容量をFT-ONE2Tの半分にした廉価版SSDカートリッジ (FT-ONE-1TL*) も用意。カートリッジは本体内に2台まで実装可能。ホットスワップ対応のため、撮影中にSSDカートリッジを入れ替えながら使用することもできます。
* 再生可能なフレーム周波数が低いため、リアルタイム再生には適しません。

FT-ONE2T

カートリッジドッキングステーション: FT-1CDS

  • SSDカートリッジと汎用PCをUSB3.0で接続
  • 可搬性に優れ、オンサイト (撮影現場) で即座にSSDカートリッジのデータのバックアップが可能
  • 色域調整や3D-LUTの作成、PCでの動画の簡易再生にも対応
  • IDX社製バッテリーマウントを搭載しているため、屋外での使用も可能
FT-1CDS

リモートコントロールユニット: FT-1RU/FT-1RUA

  • 録画/再生制御を行うダイレクトボタン、ロータリーエンコーダと各種設定を行うタッチパネルを搭載
  • スムーズなカメラセッティングと録画映像の再生が可能
  • 再生制御用にフェーダとロータリーエンコーダを搭載したFT-1RUAもラインナップ
FT-1RU/RUA

リモートコントロールパネル: FT-1RCP/FT-1RCP-J

  • カメラパラメータコントロールを行うための専用リモートコントロールユニット
  • アイリスやペデスタル、ゲイン調整などを専用ボタンにアサイン、直感的でスムーズな調整を提供
  • FT-1RUとの併用が可能なため、VEによる映像調整と録画/再生オペレータの操作を分けることが可能
FT-1RCP

4K切り出しシステム:ZE-ONE

直観的なタッチパネル操作で、4K映像の中から任意のサイズで切り出しポイントを設定し、HDコンテンツとして出力することができます*。FT-ONE/FT-ONE-OPTと組み合わせれば、スロー再生時に複数のキーポイントに対して、異なるサイズ (倍率) で切り出しポイントを設定でき、ズームインしながらのスロー再生など、動きのあるズーム効果を実現できます。スポーツ中継のリプレイなどで、今までにない表現を加えることができます。
* タッチ操作、マウス操作が可能なコントロール用PCソフト (Windows 7、8対応) を提供します。

  • QFHD (1080p x 4) 入力をHD解像度 (1080iまたは720p) として出力
  • 入力映像に対して部分拡大が可能
  • タッチパネル端末操作により、サイズおよび切り出しポイントの柔軟な設定が可能
  • カクツキのない滑らかな拡大縮小を実現
  • FT-ONE/FT-ONE-OPTとの連動操作が可能
  • 映像を再生しながら、複数のフレームに任意の位置/サイズの映像切り出し設定をすることで、自由で流れるようなカメラワークをシミュレーション
  • 注目ポイントへズームしながらのスロー再生など、場面演出に最適
  • エンベデッドオーディオ (16チャネル) の遅延補償回路を搭載
ZE-ONE_imageZE-ONE_image

フォーマットコンバータ: FT-1READ

  • DNGカラーグレーディングや編集工程へ進めるための汎用ファイルへの変換が可能
  • 色域調整や撮影したカラーチェッカーから3D-LUTの作成が可能
  • 撮影した動画のプレビューも可能
FT-1READ

FT-ONE-OPTベースステーション: FT-1BS

  • 光伝送カメラシステムを構築するベースステーション
  • 最長1kmまでカメラへの電源供給が可能
  • 映像伝送は、4K映像 x 2、HD映像 x 2を同時伝送。インターカムシステム (クリアカム、2W/4W、RTS)は、PGM2系統、スタンバイインカムを装備
FT-1BS
仕様をみる

主な仕様

FT-ONE FT-ONE-OPT
カメラ部 撮像素子 FT1-CMOS
有効画素数 4096 x 2304画素 (4096 x 2160 DCI規格対応)
撮像素子サイズ Super 35mm 相当
カラーフィルター RGBベイヤー
シャッター方式 グローバルシャッター
量子化 12-bit x RGB
センサ感度 ISO 640
ダイナミックレンジ 11 STOPS
シャッタースピード 1/撮影速度 〜1/50,000秒
レンズマウント PLマウント
記録部 フレームレート/録画時間 別表参照
メモリ分割 1〜16分割
トリガー方式 START、10%〜 45%、CENTER、55%〜 90%、ENDで設定可能
プリロール機能:再生開始位置の変更が可能
トリガー信号入力 本体ボタン、接点信号またはリモートコントロール(オプション)による操作
SSDカートリッジ
(FT-ONE2T)
SSDカートリッジ 約2 TB (最大2個 (約4 TB) まで実装可能)
記録時間 カートリッジ1個あたり76,000フレームのRAWデータを保存
メモリからの転送時間 1,000フレームで約45秒
カートリッジ交換方式 ホットスワップ (アクセスのないカートリッジに限る)
映像設定 ゲイン デジタルゲイン:0.0 dB 〜 42.0 dB (+0.5 dB間隔)
アナログゲイン:0 dB / 3 dB / 6 dB / 9 dB / 12 dB
ホワイトバランス PRESET:3200K、5600K、6500K、9300K
AUTO WHITE:白い被写体撮影による半自動補正
USER A / USER B:USER設定値A / USER設定値B
ペデスタル R、G、B、MASTERによる黒レベル設定
リニアマトリックス色補正 RB、RG、GR、GB、BR、BGの補正
12軸色補正 R、R-Ye、Ye、Ye-G、G、G-Cy、Cy、Cy-B、B、B-Mg、Mg、Mg-R
ガンマ γ1 / γ0.45 / γ0.50 / HDTV / CINEMA / LOG
ニー ニーポイント、ニースロープの設定
エンハンス ON/OFF、水平 (H)、垂直 (V)、コアリング
ビデオ部 4K High Speed
モード時
4K映像出力
3840×2160の映像信号を4分割して表示
3G-SDI (Level-A) 75Ω BNC x 4
4K映像出力 (CH A, CH B)
3840 x 2160の映像信号を4分割して表示 (2系統)
3G-SDI (Level-A) 75Ω BNC x 8
出力フォーマット:1080/59.94p、1080/50p
HD High Speed
モード時
̶ HD映像出力 (CH A, CH B)
1920 x 1080 pixelの映像信号を表示 (2系統、各2分配)
HD-SDI 75Ω BNC x 4
3G-SDI 75Ω BNC x 4
̶ 出力フォーマット:CH AおよびCH Bの出力1, 2:1080/59.94i, 1080/50i
CHAおよびCH Bの出力 3, 4:1080/59.94p, 1080/50p
VF OUT / AUX HD-SDI x 2
・VF出力 x 1
・AUX出力 x 1
HD-SDI x 2
・VF / RET1 / RET2選択 x 1
・AUX出力 x 1
(4K映像をダウンコンバート、VF出力には各種メニュー・マーカを重畳)
出力フォーマット:1080/59.94i、1080/50i
リターン出力 ̶ HD-SDI x 2 (RET1、RET2)*1
ゲンロック入力 BB:NTSC: 0.429 V(p-p) /PAL: 0.45 V(p-p) または 3 値シンク:±0.3 V(p-p) x 1
ゲンロックモード 内部同期、外部同期 (BBまたは3値シンク)
オーディオ入力   オーディオはSDI出力にエンベッドされます。本体メモリ、SSDカートリッジには録音できません。
MIC IN 5ピン XLR (メス) x 1 (ステレオ1系統)、平衡、ハイインピーダンス
入力レベル:-60 dBu / -50 dBu / -40 dBu
ファントム電源:+48 V / OFF
AUDIO CH1 / CH2 3ピン XLR (オス) x 2 (ステレオ1系統)、平衡、ハイインピーダンス
入力レベル:-3 dBu / 0 dBu / +4 dBu
オーディオ出力 エンベデッドオーディオ出力 2 ch (ステレオ1系統)、48 kHz、同期
ヘッドフォン出力 ステレオ3.5mm ミニフォンジャック x 1 (ステレオ1系統)
外部インターフェース Ethernet 10/100/1000Base-T/TX x 1 (リモートコントロールユニット接続用)
アイリス制御 12ピン (メス) x 1 コネクタ:ヒロセ電機(株) HR10A-10R-12S (71)
マニュアル/オート
タリー ハンドル部 3.5mm ミニフォンジャック x 1:+5 V、300 mA以内
GPI D-sub 9ピン (メス) x 1
インターカム ̶ 2チャネル
ダイナミックマイクまたはカーボンマイクのセッドセットを接続
一般仕様 一般仕様 0°C 〜 40°C
使用湿度 30% 〜 85% (結露のないこと)
電源電圧 DC+12 V 〜 +17 V (バッテリーまたは外部電源) DC +12 V 〜+17 V (外部電源) / DC + 17 V (FT-1BS経由)
消費電力 約160 W (フルオプション時:180 W) 212 W (フルオプション時:232 W)
外形寸法 232 (W) x 294 (H) x 392.7 (D) mm (突起部を除く) 232 (W) x 294 (H) x 480 (D) mm (突起部を除く)
質量 7.5 kg (フルオプション時:8.6 kg) 13 kg (フルオプション時:14.1 kg)
その他 標準付属品 取扱説明書、AC アダプタ (専用)
オプション FT-1RU/FT-1RUA:リモートコントロールユニット
FT-1RCP/FT-1RCP-J:リモートコントロールパネル
FT-ONE2T:SSD カートリッジ(約2 TB)、FT-ONE-1TL:ローコストSSD カートリッジ(約1 TB)
FT-1CDS:カートリッジドッキングステーション
FT-1READ:フォーマットコンバータ
̶ FT-1BS:光ファイバーベースステーション

*1:FT-1BS接続時有

録画フレームレート・録画時間

4K High Speedモード
HD High Speedモード
フレームレート
総録画時間
録画サイズ
フレームレート
総録画時間
録画サイズ
24 fps
352.5秒
4096 x 2304 pixels
24 fps
749.8秒
1920 x 1080 pixels
60 fps
141.7秒
60 fps
299.9秒
120 fps
70.8秒
120 fps
149.9秒
180 fps
47.2秒
180 fps
99.9秒
240 fps
35.4秒
300 fps
59.9秒
300 fps
28.3秒
360 fps
49.9秒
360 fps
23.6秒
420 fps
42.8秒
420 fps
20.2秒
480 fps
37.4秒
480 fps
17.7秒
600 fps
29.9秒
540 fps
15.7秒
720 fps
24.9秒
600 fps
14.2秒
840 fps
21.4秒
720 fps
11.8秒
1000 fps
17.9秒
760 fps
11.2秒
1200 fps
14.9秒
780 fps
10.9秒
1440 fps
12.4秒
810 fps
10.5秒
1670 fps
10.7秒
860 fps
9.8秒
4096 x 2160 pixels
1680 fps
10.7秒
1920 x 888 pixels
900 fps*2
9.4秒
1800 fps
9.9秒
 
1980 fps
9.0秒
2000 fps
8.9秒

*2:将来対応予定

fps: frames per second


FT-1BS 主な仕様

使用温度・湿度 0°C 〜 40°C・30% 〜 90% (結露のないこと)
電源 AC 100 V 〜 240 V
DC 12 V 〜 17 V

FT-1CDS主な仕様

転送スピード*1 最大約150 MB/s
インターフェース 入力側:SSDカートリッジ (FT-ONE2Tなど) 専用スロット
出力側:USB3.0
電源*2 DC 16 V、XLRコネクタ 4ピン (オス) (ACアダプタ付属)
IDX社製Vプレート搭載 (バッテリー駆動用)
消費電力 最大約30 W (アクセス時)
標準付属品 コントロールソフト

*1 USB3.0、HDD (7200 rpm) 使用時
*2 USBから供給されるバスパワーでは動作しません

各部名称

FT-ONE 本体

FT-ONE-OPT 背面

FT-1BS: FT-ONE-OPTベースステーション

FT-1RUA: リモートコントロールユニット

FT-1RCP-J: リモートコントロールパネル

カタログ・資料ダウンロード
関連製品

FT-ONE-S(暫定版)

フル4K解像度高速度カメラ (ハイスピードカメラ) FT-ONEの新モデル。軽量・小型化し、カメラヘッドを分離することで機動性がアップ。

ZE-ONE

直観的なタッチパネル操作で、4K映像の中から任意のサイズで切り出しポイントを設定し、HDコンテンツとして出力

HVS-100 / 110

HANABIシリーズのコンパクトビデオスイッチャ。本体・コントロールパネル分離型モデルと、コンパクトな一体型モデルの2ラインナップ。

HVS-2000

HANABIシリーズ最新作の4K対応ビデオスイッチャ。便利でユニークな機能を多く搭載し、4Kライブ制作にも対応。

MV-4200/4210

4K入出力対応、最大68入力、8モニタ出力が可能なマルチビューワ。少ない消費電力で高いパフォーマンスを実現。

URC-4000

HD映像をリアルタイムで4Kに変換できる超解像アップコンバータ。BT.709からBT.2020への色域変換機能も搭載。

FA-1010

わずか1Uで10系統の変換プロセスが可能。10入力10出力のオールラウンド・フレームシンクロナイザ。

FA-505

わずか1Uで5入力5出力の多チャネルルーティングが可能なフレームシンクロナイザ。

お問い合わせ
ページの先頭へ