演出に欠かすことができなくなったリアルタイムCG

ニュース、バラエティ、スポーツなどに、もはや欠かすことが出来なくなった演出が、リアルタイムCG(RCG)です。リアルタイムCGは、番組内容に応じてさまざまなものがあります。

RCGをイメージしやすいものには、画面に表示するロゴや画面下に表示されるタイトルテロップだったり、ニュースに欠かせないトピックスを並べたビルボードメニューなどがあります。さらに、背景の一部にはめ込んだり、スタジオ内に浮かび上がらせたりと工夫しながら、ビデオ表示に活用されるビデオウォールもあります。このほか、スタジオ画面とビデオ画面をスイッチングする際に演出を加えるワイプCGや、各種スポーツの得点表示、ゴルフやフットボールなどの距離表示演出、各地の天候を表示するための天気グラフィックス、選挙などでは欠かせないグラフ表示などもあります。

これらのRCGに使われる各種グラフィックスもまた、4K/8Kの次世代制作環境においては高精細なものが必要とされていきます。朋栄では、4K、8K対応のRCG製品の開発を順次進めていきます。

PAGE TOP