暗闇でも明るく捉える超高感度撮影

特殊撮影分野には、ハイスピード撮影のほかに、超高感度撮影があります。

夜間撮影やセキュリティ撮影などでは、照明が届かない距離にあるものを撮影したり、照明を点けられない条件で撮らなければならないことがあります。このような条件では、通常のビデオカメラでゲインアップをしてもノイズに埋もれてしまいます。超高感度撮影に対応したカメラを使用することで、被写体を照らす光源にはならないようなわずかな光で被写体を明るく写したり、人間の眼では被写体が全く見えないような暗闇の中でも、被写体を浮かび上がらせたりすることが可能になります。

PAGE TOP