発売予定

スローモーション生成装置

SMV-ONE

※ 記載内容は、2022年3月現在のものです。記載された内容は、予告なく変更される場合があります。
 

シンプルな構成とコストパフォーマンスで、 現状のスローモーション映像制作と違和感のない運用を実現。1台で再生、一時停止、バック、追いかけスロー、スキップバックが可能。スポーツライブでのリプレイ・演出や、VTR・監視映像の再利用に最適です。

特長

  • ノーマルカメラ映像を利用し、スローモーション映像を作成
  • 倍速性能 2~4倍スロー(推奨)から最大20倍 
  • 映像フォーマット : HD-SDI -1080i 50/59.94  1080p 50/59.94
  • 1RUのコンパクトサイズ
  • ソフトウェアリモコン標準添付
  • ハードウェアリモコンにて操作可能(オプション)

映像生成の原理

  • SMV-ONEで仮想画像の生成
  • 入力画像に仮想画像を入れる事で滑らかなスローモーション映像を生成することが可能

システム構成

  • カメラとSMV-ONEを繋ぐのはHD-SDIケーブル1本
  • 専用のリモコンもしくはソフトリモコンを接続  
  • 専用カメラ/サーバー不要

活用イメージ

スポーツライブ

  • ライブカメラ映像でスローモーション演出
  • 公営競技、スタジアムにてリプレイ、演出効果 
  • オプションで最大4台のノーマルカメラをスローカメラ化
  • 多様な運用、コスト削減を実現

過去映像の再利用

  • 過去映像もスローモーション化が可能
  • VTR・監視映像の再利用

リモートでの活用

  • LAN経由で遠 地からのリモート制御が可能
  • スタジアムでのリモート制作や、生産ラインでの度な遠隔監視が可能