導入事例
テレビ東京・BSジャパン様
新社屋 報道受配信室設備を構築

2016年11月7日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

テレビ東京様の報道受配信室では今後、日々の運用を円滑に行いながら、ライブストリーミング素材なども報道素材として活用できるように設備を強化していく方針です。

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原 克明、本社:東京都渋谷区恵比寿)は、株式会社テレビ東京ホールディングス様(東京都港区)よりテレビ東京・BSジャパン様 新本社(東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー)における報道受配信室設備の構築を受注しました。本日11月7日、新本社の運用が開始されると共に、報道受配信室設備も稼働いたしました。

報道受配信室は、テレビ東京・BSジャパン様の報道素材の運用管理を担っています。局内の回線室に送られてくる、日本各地で撮影された素材映像と海外からの国際映像を受け、報道素材として活用できるようにしています。さらに、テレビ東京様が幹事社となって代表取材した映像は、報道受配信室から各放送局へと配信されています。

テレビ東京 報道局取材センター 報道技術担当副参事の小峰信彦氏は、報道受配信室の設備構築について、次のように話しています。

「報道受配信室は、マスターやスタジオサブなどの運用とは異なり、放送技術エンジニアが少ない部署です。旧本社での前日までの運用から、スムーズに新本社の新設備の運用へと切り替えるためには、スタッフの運用方法を大きく変えることなく移行する必要がありました。旧本社では報道受配信室が報道素材とスポーツ素材の両方を扱ってきましたが、新本社ではスポーツ素材を扱う部署をスポーツ受配信室に分け、報道受配信室は報道素材に特化して運用を行なっています。」

報道受配信室では、回線室から分配されてきたベースバンド映像を受け報道素材として活用できるようにします。まず、ベースバンドで送られてきたものであれば、ルーティングスイッチャを中継してエンコーダに送られ、12台ある報道サーバに記録されます。これと同時に12台のXDCAMにもバックアップ収録します。

このほか、報道カメラマンが撮影した素材も報道受配信室に持ち込まれます。この映像素材についても報道サーバにインジェストされます。地方取材や国際映像の場合には専用回線を使うことなく、クラウドを利用して映像素材をファイル伝送するケースも増えてきています。報道受配信室でクラウド上のファイルを指定してダウンロードし、メタデータとともに報道サーバにFTP転送されます。ダウンロードしたファイルは、ノンリニア編集後にベースバンドで再生出力してルーティングスイッチャに報道素材として入力することができます。

今回、報道受配信室の基幹設備として新たに導入いただいた弊社製品は、80入力64出力のルーティングスイッチャMFR-5000、16入力2出力のマルチビューワMV-1620HSA、MFR-18RUAをはじめとする各種リモートスイッチ、各種分配器、タリーユニット、タイムコード関連機器、制御卓などです。ベースバンドを使用するさまざまな素材映像、利用可能になった報道素材は全てMFR-5000に入力されています。ラック内に配置されたPCで、技術スタッフがルーティングを設定できるようにするとともに、制御卓のリモートスイッチ操作でも入出力先をコントロールできるようにしています。

「新規に部屋を構築して大型のMFR-5000を導入したので、報道で必要になりそうなものはすべてつなぎ、現在79入力55出力で運用しています。今後、必要な時に入出力オプション基板を簡単に増設できることも気に入っています。朋栄の製品群はブラウザ経由でコントロールできるため操作しやすく、必要な時に設定をすぐに変更できるのがメリットと感じています。実際に運用テストを始めてみると、1カ所でさまざまな機器をコントロールできるということが、思っていた以上に便利だとわかりました。技術スタッフの誰もが扱いやすく、運用スタッフも操作しやすいので、シンプルな運用が可能になりました。」(前出 小峰氏)

弊社は、報道受配信室設備全体のシステム設計/デザイン、施工も担当しております。

「報道受配信室の操作卓の高さ、椅子のサイズは、使用するスタッフの身長まで考慮してデザインしていただきました。椅子に座ると自然に目に入ってくるように傾けたモニタなど、日常の運用を考慮した配置にも気を配っていただいたことで、より使いやすい設備に仕上がったと感じています。それぞれの機材の組み合わせだけでなく、部屋全体のシステム設計、操作性を考慮したデザインまで全てを一貫して施工を担当していただけるのが強みだと感じました。」(前出 小峰氏)

本件に関するお問い合せ

株式会社朋栄 営業統括本部 国内営業本部
TEL:03-3446-3121
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP