製品情報
IP技術を活用した次世代制作環境をデモ

2016年11月1日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

IP技術を活用した次世代制作環境をデモ

株式会社朋栄(代表取締役社長:清原 克明、本社:東京都渋谷区恵比寿)は、11月16日(水)から18日(金)に幕張メッセで開催される「2016 国際放送機器展(Inter BEE 2016)」において、IP技術を活用したテロップ / RCGシステムを、次世代制作環境として実演いたします。(ホール6・ブースNo. 6515)

近年、テロップシステムは、スタジオサブに個別に送出設備を設置してベースバンドで利用されるほか、CGルームにセントラル化するシステムも増えてきています。今回は、テロップ/RCGシステムに現在開発中の12G-SDIまたはIPのインターフェースを持つグラフィックスカードを搭載することにより、テロップ/RCGシステムをIP環境でフレキシブルに構築できる次世代環境をお見せします。

弊社は、ソニー株式会社様、ソニービジネスソリューション株式会社様と協力し、両者のブース間をIPネットワーク(SONY NMI方式)で接続。ソニー様/ソニービジネスソリューション様ブース (ブースNo. 4406) のIP LIVEシステム上にて、弊社ブースにあるテロップ/RCGシステムをご活用いただきます。

今回のデモでは、IP技術を用いることで、システム間や拠点間での素材共有や機材共有を行う「リソースシェア」、柔軟な機材構成の変更と冗長性の確保が可能な「システムチェンジ」、複数の拠点をつないでスムースに制作を行う「仮想化」を実際にご覧いただけます。 映像伝送のIP方式は、複数の会社/団体がそれぞれの方式を提案していますが、弊社は順次対応するIP方式を増やしてまいります。また、今後は、素材共有/機材共有できる部分からIPを活用し、各アイランドでは12G-SDIも活用していくことができる、次世代制作環境向けのソリューション・製品を拡充していく予定です。

本件に関するお問い合せ

株式会社朋栄 営業統括本部 国内営業本部
TEL:03-3446-3121
E-mail: sales@for-a.co.jp

年別アーカイブ

PAGE TOP