お知らせ
NMI (Network Media Interface) への参入について

2016年4月18日
株式会社朋栄
東京都渋谷区恵比寿3-8-1

 株式会社朋栄 (代表取締役社長:清原 克明、本社:東京都渋谷区恵比寿) は、2016年4月18日、ソニー株式会社が提唱している映像のIP伝送規格であるNMI (Network Media Interface) 規格に賛同し、同メンバーに参画したことを発表しました。

 4K・8K高解像度、ハイフレームレート、HDR (High Dynamic Range)、WCG (Wide Color Gamut=広色域) など、次世代映像制作におけるデータ容量はますます増えていく傾向にあります。こうした次世代環境においては、映像伝送におけるケーブルの高ビットレート対応も不可欠となっています。朋栄では、すでに12G-SDIでのベースバンド伝送への取り組みも加速させていますが、より長距離の映像伝送が求められる現場や、次世代映像に対応した施設内の信号処理、ケーブル重量を軽くしたい中継車などでは、より安価な機器で、より速い伝送も可能で、より拡張性に優れるIP伝送機器に対するニーズも増してきています。

 ソニー株式会社が提唱するNMIは、4K・8K、ハイフレームレート、HDRなど次世代映像フォーマットに非圧縮・圧縮の両方で対応可能な規格であり、損失パケットの回復やリファレンス信号同期への対応など、IPでライブ伝送する際に必要な機能を備える拡張性の高い伝送インタフェース規格です。

 NMIへの賛同により朋栄は、次世代映像制作環境に向け、各グループパートナーの機器とIP接続可能な機器を開発し、ユーザの皆様の利便性向上に努めていきます。今後、Video over IP時代に向けた取り組みを加速し、SMPTE国際標準規格に則した製品として、ビデオスイッチャ、マルチビューワ、各種プロセッサ、グラフィックス装置などの主要な製品群から開発を進めていきます。SMPTE2022-1/2 (圧縮IP伝送)、SMPTE2022-5/6 (非圧縮IP伝送) のIP伝送規格に準拠させるとともに、各標準規格や次世代標準規格にも対応できるよう、FPGA(Field Programmable Gate Array)による拡張性を持たせながらVideo over IP対応を進めるとともに、Video over IPと親和性の高い映像圧縮コーデックの採用なども順次進めていく予定です。

 なお、朋栄は、NMI以外のVideo over IP伝送方式への対応も強化しており、Evertz社が提唱しているASPEN規格にも賛同しています。朋栄のVideo over IPへの取り組み方針は別紙プレスリリースをご確認ください。

年別アーカイブ

PAGE TOP