製品ガイドブック 2021-2022
49/56

49VGI取扱製品EditShare 共有ストレージ“EFS Storage”シリーズは、放送局やポストプロダクションにおけるノンリニア編集協調 制作向けハイパフォーマンス共有サーバー。Avid Media Composer、Adobe Premiere Pro、Grass Valley EDIUSなどの代表的なノンリニアでのプロジェクト共有機能はもちろん、安定したマルチストリームの再生能力、100/40/10 GbE ネットワーク接続などにスケーラブルに対応。映像制作ワークフローをトータルにサポートするシェアードプロダクションサーバー卓越した耐障害性、冗長性、高可用性、拡張性を備えたフラグシップモデル高性能でスケーラビリティーに優れた 主力モデル。中~大規模 (容量、クライ アント数) 環境向けコストパフォーマンスに優れたミドル レンジモデル。小~中規模 (容量、 クライアント数) 環境向け高性能SSDドライブ採用モデル。4K、 HDR、VFX、DIの非圧縮連番環境に 最適EFS Storage ModelEFS450EFS300EFS200EFSSSDネットワーキング10G BASE-T / 10Gb SFP+ / 10.25 Gb SFP 28 / 40Gb QSFP+ / 100Gb QSFP28ファイル共有プロトコルEFS Native Client / SMB / NFSファイルシステムEFS: EditShare File System搭載ドライブ4/6/8/10/16 TB4/6/8/10/16 TB2/4/6/8/10 TB—ストレージ容量 (Raw)192 TB to 5 PB+64 TB to 768 TB24 TB to 360 TB24 TB to 280 TB最大拡張無制限3 nodes3 nodes3 nodesハードウェア仕様12 core CPU | 64 GB12 core CPU | 64 GB12 core CPU | 64 GB6 core CPU | 32 GBディスクアレイRAID6RAID6RAID6RAID50nodeのフォールトトレランスXORnはRAID 5と同じです。XORnには最低でもn+1個のストレージノードが必要となります。COPYnはミラーリングと同じです。COPYnは最低でもn個のストレージノードを必要とします。ハードウェアリダンダンシーホットスワップ対応 2 重化電源、ホットスワップ対応 SSD OSドライブホットスワップ対応リダンダント ファンオペレーティングシステムEditShare Storage OS (Ubuntu Linux 64-bit Server OS)クライアント コネクションツールバンドルソフトウェア「EditShare Connect」 (Windows®/macOS版)スケーラブルメディア共有ストレージEditShare EFS Storage■EditShare EFS Storageのクラウド化への取り組みEFSvソリューションにより、従来オンプレミスでEditShareストレージ・サーバーを介して行っている 編集環境をクラウドサービス上に移行することが可能です。加えてノンリニア編集機の環境も、強力なGPU インスタンスを所有するAmazon EC2 G3上に展開 することでフルクラウドによるコラボレーション編集 環境を構築することが可能です。ソリューションVideo over IPビデオスイッチャールーティング スイッチャーマルチビューワーシステム信号処理機器・ 映像周辺機器ファイルベース 関連製品キャラクター ジェネレーターバーチャルスタジオ 関連製品高速度カメラ輸入・取扱製品VGI取扱製品納入事例

元のページ  ../index.html#49

このブックを見る