製品ガイドブック 2021-2022
35/56

35項目イベント画面ニュース番組送出システム。TAKEボタンを押すだけで ニュース番組の送出が可能。 スイッチャーやミキサーの 専門技術がなくても送出ができ、キューシートに縛られること なく急な速報や差し替えにも 柔軟に対応可能。汎用ワンタッチコントローラーOTC-1000Powered by River FieldCS/CATVなどの自主放送や 独自CMなどに最適。サーバー・クライアント型の 構成でシステム冗長性向上と 運用階層化が可能。APCシステム番組自動送出システム4K/HD 映像ファイルの効率的な伝送を実現。 映像の必要部分だけを伝送することで伝送時間を大幅に短縮。 ■連続サムネイル表示により、受信側で映像内容を一目で確認可能 ■XAVC 4K Intra/Long、XDCAM HD422互換ファイルの場合、連続サムネイルで 必要範囲を指定し部分伝送。その他任意ファイルを丸ごと伝送も可能 ■受信側から送信端末の操作が可能。送信側は収録メディアを挿入するのみ ■送信時に入力したメタデータを受信後XML形式で出力可能 ■LTS-70を送信端末にすることでLTOバックアップ装置と伝送装置を兼用「テレビCM 素材搬入基準【2020年11月改訂版】」および 「テレビCM4K素材搬入基準【2018年12月適用版】に則したCMメタデータの作成・編集・閲覧が可能なアプリケーション。 ■「テレビCM 素材搬入基準【2020年11月改訂版】」に対応 ■「テレビCM 4K素材搬入基準【2018年12月適用版】」 に対応 (4Kオプション) ■5種類のメディア/フォーマットに対応:運用規定にある5メディア (XDCAM、P2、HDD、SSD、SxS) に対応 ■CSVファイルインポート&エクスポート ■「CM素材交換メタデータ」の入力、編集、保存、格納 (xml付与) が可能 ■メタデータを反映したクレジット画像ファイル (BMP) 生成機能 ■最大4台のPDW-U1/U2ドライブでベリファイ付コピーが可能 ■CMメタデータとMXFファイルの突き合わせチェック機能CMメタデータ作成ツールCMM-100 Ver.4.0.0.0 4K/HDファイル伝送システムIFT-40 ■メディア判別ツール MDT-10、MXF検査ツール MCT-10 映像ファイルのフォーマット情報を取得や判定に使用 ■MXFカットエディター MXE-500 XDCAM互換MXFファイルをフレーム精度で切り出し結合 ■MXFパーシャルリトリーブエンジン IPR-200/400 XDCAM/XAVC Intra/Long互換MXFファイルをフレーム精度で切り出し ■収録ファイル分割ツール VST-200 XDCAM互換MXFファイルを分割。CB/黒味/無音等を分割候補として自動検出ソフトウェアモジュール製品H.264/MP4、TSプロキシ (IMP-100)、XDACM HD422、XAVC QFHD Intra、XAVC QFHD Long422ファイル (IMP-200) を再生するソフトウェアプレイヤー。フレーム精度再生制御、収録中 素材の追いかけ再生やIN/OUT点指定など、他システムとの 連携が可能。MXFファイル/プロキシファイルプレイヤーIMP-100/200 ソリューションVideo over IPビデオスイッチャールーティング スイッチャーマルチビューワーシステム信号処理機器・ 映像周辺機器ファイルベース 関連製品キャラクター ジェネレーターバーチャルスタジオ 関連製品高速度カメラ輸入・取扱製品VGI取扱製品納入事例

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る