放送・映像制作 ソリューション

先見性のある製品開発で、
ハード・ソフト両面から制作環境を支えます。

放送の多チャネル化や、映像コンテンツの多メディア化、4Kや8Kに代表される高精細規格、コンピュータグラフィックスの進化などにより、放送・映像業界は、表現の面でも、ビジネスの面でも、新しい局面を迎えています。ベースバンド技術、ファイルベース技術、さらにはIP技術といったさまざまなテクノロジーを組み合わせ、最適なソリューションを見出すことが重要です。
朋栄は、実績に裏付けされた確かな技術力、そして時代の変化にいち早く対応する柔軟な提案力で、ハードウェア、ソフトウェアの両面からお客様と「朋」に新しい時代を切り拓いていきます。

社会を変える朋栄の新技術

高解像度時代に向けて、
世界初となる4K高速度カメラを開発。

世界に先駆け、フル4K解像度(4096×2160ピクセル)での、秒間最大900コマのスーパースロー撮影が可能な高速度カメラ「FT-ONE」を開発。スポーツ中継やCM、映画などのコンテンツ分野での活用が期待されています。

製品について詳しく

社会を支える朋栄ブランド

全国の放送局の約7割で、
朋栄のVWSが活躍。

国内シェア約7割、プロの現場で選ばれてきた朋栄のテロップシステム「VWS」シリーズ。2Dから3Dへ、そして、より動きとインパクトのあるテロップへ。皆様が毎日観ている番組で活躍しています。

製品について詳しく

PAGE TOP