ビデオスイッチャ

HVS-390HS

2M/Eビデオスイッチャ、HANABI。

2008年、コンパクトビデオスイッチャの常識を変えた1M/EモデルHVS-300HS。2010年、そのコンセプトを継承しながら、更なる機能追加、性能アップを実現した1.5M/EモデルHVS-350HS。HANABIシリーズの躍進はいまも続いています。
ビデオスイッチャHVS-390HSは1M/Eから2M/Eサイズを包括。HVS-300シリーズで好評の数々の機能を継承しながら、より使いやすく、よりパワフルに進化しました。
HANABIシリーズの進化は続きます。

オンラインチュートリアルビデオ

主な特長

  • 本体サイズは3U
  • オペレーションスタイルは全4種類
  • フレームシンクロナイザを全入力に標準搭載
  • リサイズエンジンを搭載
  • DVE付きキーヤ
  • DVE・トランジション・ワイプパターン・エフェクト
  • 4/10/16 分割マルチビューワを標準搭載
  • 補間機能付きイベントメモリ
  • スチルストア
  • 動画メモリ
  • WEBコントロール機能
  • 最大24入力13出力
  • マルチモニタ (ビデオウォール)
  • シーケンス機能
  • AUXトランジション
  • キーヤのフリーアサイン
  • 外部インターフェース
  • 1M/Eからのアップグレードが可能
  • 2.5M/E スイッチャとしての運用も可能
  • その他特長
  • オプション

MINI M/E 〜 AUXの新しい活用法 〜

もしもAUXに多彩なトランジションや2.5D DVE付きキーヤを適用できたら・・・
従来の「AUX出力」という概念を超えたパフォーマンスを備えたとき、AUXはMINI M/Eに進化します。

  • AUX出力は、独立してキーをスーパーしたままでバックの映像をディソルブもしくはワイプすることが可能です。

HVS-390HSのスペックを一見すると、よくある「AUX出力を6系統備えた1M/E - 2M/Eのビデオスイッチャ」と思うかもしれません。 しかし使い方によっては、同じ価格レンジにある1〜2M/E規模のビデオスイッチャおよそ6台分にも相当するパフォーマンスを発揮します。*

  • オプションの拡張ユニット(HVS-30HSDO)使用時はAUX8系統、ビデオスイッチャ8台分のパフォーマンス。

放送局で

スタジオ観覧者に向けて、指示付き映像や参考映像などを映すサブスクリーンを用意できます。

ライブ会場で

メインスクリーンと、エフェクトを加えた多彩なイメージを映すサブスクリーンとの相乗効果で、コンサートを最高に盛り上げる演出が可能になります。

マルチチャネル配信で

地上波、BS、ワンセグ放送、ネット配信などを使った、マルチチャネル放送の配信が可能になります。

カタログ・資料

高解像度製品画像

関連製品

PAGE TOP